副業おすすめ7選|初心者、会社員でもできる仕事を調査

副業おすすめ7選|初心者、会社員でもできる仕事を調査

最近では、会社員にも副業をして給料以外の副収入を得たいと考える人が増えてきました。また、厚生労働省が推進する働き方改革により、副業を認める会社も増えています。

この記事では、どのように副業を始めたらいいか分からない方に向けて、本業と両立しながら稼げるおすすめの副業を紹介します。

会社員が副業する際の注意点

本業の責務を果たしながら、副業で収入を得ていくには注意しなくてはならないことがあります。副業によって会社に迷惑をかけたり、支払うべき税金を払わなかったりすると大問題です。これから副業をする人が知っておくべきポイントを解説します。

就業規則の確認

副業を始める前には、就業規則で副業が禁じられていないかを確認しなくてはなりません。副業禁止でありながら、勤務先に無断で副業をしたことが発覚した場合は、就業規則に定められた懲戒処分を受ける場合があります。

副業解禁は社会の流れではありますが、未だに副業を禁じる会社も少なくありません。副業を始める際は、就業規則をしっかり確認しておきましょう。

副業によるトラブルを防止する

勤務先で副業が認められている場合でも、副業のせいで勤務先に迷惑をかけてはいけません。厚生労働省の「副業・兼業の促進に関するガイドライン」では、以下のようなケースで企業側が労働者に制限を課すことができるとしています。

  1. 勤務先での業務に支障が出る場合
  2. 勤務先の機密情報の漏洩のおそれがある場合
  3. 同業他社で働く、または勤務先と同業を営むなど、勤務先に不利益を与える場合
  4. 勤務先の名誉や信用を傷つけたり、信頼関係を損なったりする場合

副業は、基盤となる本業あってのものです。副業のために会社を休んだり、本業の生産性を落としてしまったりなどの悪影響が出ないように心がけましょう。

収入が一定のラインを超えたら確定申告が必要

副業での収入が一定のラインを超えた人は、確定申告が必要になります。確定申告が必要となるのは、次のようなケースです。

  1. 給与を2カ所以上からもらっていて、年末調整をしていない給与の収入金額と、給与以外の所得の合計が20万円を超える場合
  2. 給与を1カ所からもらっていて、給与以外の所得の合計が20万円を超える場合

1は、居酒屋やコンビニエンスストアなどのアルバイトで給料をもらうようなケースです。給与の収入金額とは給料の収入そのものを指します。これに対し、所得とは収入から必要経費を差し引いた金額のことです。2は、1に該当しない、クラウドソーシングで仕事をするようなケースです。

副業によって確定申告が必要な人は、期限内に申告と納税をしましょう。申告をしない場合、延滞税や無申告加算税などのペナルティが課される可能性があります。

会社員におすすめの副業

会社員におすすめの副業

会社員で、これから副業を始めたい人や、すでに始めているけれどほかにもっと良い副業を探している人のために、おすすめの副業を紹介します。

会社員におすすめの副業一覧

副業名 内容
ネットショップ
(ECサイト運営)
インターネット上に自分のショップを作り、商品やサービスを販売する。
ECサイトには「モール型」と「自社サイト型」がある。
  1. モール型:出店が簡単で集客が楽だがライバルが多い
  2. 自社サイト型:自由度が高いが自ら構築する必要あり
アフィリエイト
(広告収入)
自分のブログやSNSに広告を貼り、クリックまたは商品やサービスを購入してもらうことで収益を得る。
案件は多いが審査が必要。
Webライター 会社員が始めやすい職種。文章執筆だけでなく取材やインタビューなどを含めた案件もある。
スキマ時間を有効活用できるが、単価が上がるまでは実績作りが必要。
プログラミング プログラミング技術がある人におすすめ。
信頼関係を築けば安定した収入が望めるが、常に新しいスキルを勉強する必要がある。
動画編集 イベントや商品・サービスの動画の作成、YouTuberが撮影した動画の編集代行など。
YouTubeなどの動画需要の増加に伴い、動画編集の需要も増え、副業で稼ぐ人が多くなっている。基本的なスキルを比較的早く習得できるため、初心者の参入障壁も低い。パソコン1台あれば場所を選ばずに作業できる。
データ入力 ネットショップの商品登録・出品作業に伴う入力作業など。事務系の仕事などで日常的にパソコンを使っている人におすすめ。比較的案件が多いだけでなく、継続依頼も見込めるので安定して稼ぐことが可能。
Webサイト制作 小規模なサイト制作や、Wordpressの導入・カスタマイズ、既存サイトのリニューアルなど、さまざまなパターンの案件がある。案件数が多く、スキルがある人には始めやすい在宅副業。高単価案件もあるので、スキルアップすれば独立できる可能性もある。

こうした副業は、会社員でも本業と並行して取り組みやすい副業です。

しかし、副業をするには時間がない、もっと効率的に稼ぎたい、と考える人もいるでしょう。
そのような人には、FX(投資)もおすすめです。

FXのすすめ

お金に働いてもらう仕組みを作るための手段としておすすめなのが「FX」です。「本業が忙しいからFXができるか不安」と感じる人もいると思いますが、実は、FXは平日忙しい会社員にとっておすすめの方法です。

「FXはまとまった資金が必要なのでは?」と心配な人もいるでしょう。FXは少額から始められるので、元手が少ない人でも今すぐに始めることができます。ここからは、「平日忙しい人」や、「元手が少ない人」にもFXをおすすめする理由について解説します。

少額からスタートできる

FXには、「証拠金」を預けることで少ない資金でも取引できる「レバレッジ」という仕組みがあります。レバレッジは、最大25倍までかけられるため、元手となる資金が10万円の場合、最大250万円分の取引ができます。

株取引の場合、数万円~数十万円ほどの資金が必要になりますが、FXの場合は、レバレッジを効かせることで数千円から始められる点も魅力です。ただし、無理なレバレッジをかけてしまうと、損失もその分大きくなるので、リスクについても十分理解したうえで取り組む必要があります。

平日忙しい人でもOK

会社員がFXをする場合、「今日の〇時にFX取引をしたいけれど、その時間は会議中だからあきらめるしかない」、または、「夜中に取引をしたいけれど、明日も仕事だから眠らなくては・・・」といった悩みも出てくるでしょう。

そのようなときは、FXの「自動売買」を利用すると便利です。システムが自動で稼働し取引を行ってくれるので、取引チャンスを逃さずに希望通りの取引ができます。また、取引戦略が組み込まれており、FXの知識が浅い人でも取引ができるというメリットもあります。

経済情報に強くなる

FX取引をするためには、外国為替などの知識が必要です。為替変動にはさまざまな要因があり、FX取引を続けるうちに政治・経済・金融などのニュースをチェックする必要があります。

今まで経済ニュースに関心のなかった人も、FX取引を続けるうちに、自然に関心が強くなり、視野が広がります。仕事や生活設計などにもプラスの効果が期待できるでしょう。

注意事項

FX以外の各投資商品の内容についてのお問合わせは受け付けていませんので、あらかじめご了承ください。