FXなら安心と信頼のセントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. 取引リスクについて

取引リスクについて

外国為替証拠金取引は元金が保証されている商品ではありません。リターンを得られるチャンスがある一方で、損失が発生するリスクもあります。お取引にあたっては、下記のリスクについてしっかり確認しておきましょう。また口座開設前にご確認いただく「外国為替証拠金取引説明書」などを十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取引ください。

支払いスワップポイントの発生

※上図の例は、米ドルの金利>日本円の金利の場合です。

外国為替証拠金取引では、高金利の通貨を買って低金利通貨を売り持ちにしていれば、通常は金利差額分としてスワップポイントを受け取れますが、低金利通貨を買って高金利通貨を売っている場合は、支払い (マイナススワップ) が発生します。場合によっては、マイナススワップによって新たな資金の追加が必要になったり、強制ロスカットが発動する可能性があります。
また各通貨ペアにより発生するスワップ金額も日によって違います。お取引される際には、スワップポイント表でスワップポイントをご確認ください。

ページTOPへ

為替レートの変動によるリスク

為替市場は各国の経済状況や金利動向などによって24時間動き続けています。為替レートが予想と反対の方向に動いてしまった場合には為替差損が発生します。特に、レバレッジが高ければ高いほど、お客さまにお預けいただいた資金に対して大きな金額で取引を行なうことから大きな利益が得られる可能性がある反面、損失も拡大されるので、注意が必要です。

ページTOPへ

逆指値注文における注意

逆指値注文は、お客さまが指定したレートでの約定を保証するものではありません。通常のマーケットにおいては、逆指値注文は損失確定などの効果があるものの、マーケットの急変動時には、売り手が多い下げ相場に売りを、買い手が多い買い相場に買いを約定させるもので、たいへん成立しづらい注文となります。結果、逆指値注文はお客さまが指定されたレートよりも不利なレートで約定する可能性(スリッページの発生)があり、意図していない損失を被ることがありますのでご注意ください。

ページTOPへ

スプレッドの変動

当社がお客さまに提示するレートは、各市場の流動性、金利、経済情勢などによりスプレッド幅が広くなる場合があります。日頃の為替相場の動向にご注意ください。

ページTOPへ

強制ロスカットについて

強制ロスカットは一定以上の損失拡大を防ぐための強制決済機能です。ワーニングメールの送付いかんに関わらず決済処理されます。

ロスカットについて

強制ロスカットの仕組みや、発生条件、ケーススタディをご説明いたします。

強制ロスカットについて
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)