FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. サービス一覧
  3. 通貨両替と受渡し

取引方法・画面操作

通貨両替と受渡し

取引方法・画面操作に戻る

通貨両替

「FXダイレクトプラス」口座では、「両替依頼」機能を利用することによりオンラインにてお客さまの取引口座内の外貨を日本円、日本円を外貨へと両替することが可能です。

両替は、両替可能時間中はいつでも可能です。
※早朝に両替受付できない時間帯があります。詳細は下記両替可能時間をご参照ください。

外貨同士の通貨ペアを取引しても、初期設定の場合には自動両替機能によりその時の当社レートで日本円に自動両替され、為替の差損益、スワップ等は日本円で口座へ反映されます。ただし、お客さまご自身で自動両替機能の停止を設定された場合、外貨同士の通貨ペアでの差損益等は外貨で口座へ反映されます。

!
  • ※別途手数料は発生しません。自動両替機能を利用しない両替の場合、両替レートは当社レートに片道10銭加算または、減算されたレートになります。
  • ※外貨の口座でマイナス残が生じている場合、相場変動にともない外貨の円評価額が変化します。お客さま口座資産にとってはリスクとなります。このような「外貨」のマイナス残に関しましては、口座資産に不足を発生させる可能性もあるため、当社で一定基準を設けて自動的に両替をさせていただいております。
  • ※発生した外貨残高はリアルタイムで円評価されますので、両替を行わなくともお取引の証拠金として使用することは可能です。
  • ※リアルタイムに更新される両替レートで両替手続きが可能です。両替手続きは以下の時間帯で可能です。
 

標準時間

サマータイム時

両替可能時間

月:午前7時〜翌午前3時
火〜金:午前7時10分〜翌午前3時

月:午前7時〜翌午前2時
火〜金:午前6時10分〜翌午前2時

ページTOPへ

自動円転機能

「FXダイレクトプラス」は、外貨同士のFX取引で発生した外貨建て売買損益を自動的に円に両替する機能があり、初期設定は「自動円転」となっています。
外貨損益を外貨のまま口座資産として残しておきたい場合には、登録情報・各種設定にて自動両替の設定をすることで、差損益などを外貨のまま保有することができます。

!
  • ※自動円転の場合には当社レートで両替されますが、自動両替を利用しない場合には外貨両替レートでの両替となります
ページTOPへ

外貨調達・円調達 (受渡し)

「FXダイレクトプラス口座」では、取引で建てた建玉を利用して、外貨と日本円、または外貨と外貨の交換をすることができます。このように、取引で買い建てた米ドルなどの外貨を外貨現金で調達することや、外貨売りの建玉を使って外貨現金を円に換える取引を「受渡し」といいます。「受渡し」は、銀行で現金を調達するのに比べて手数料が約10分の1から80分の1と低コストであるうえに、しかも24時間いつでもお取引いただけるというメリットがあります。「FXダイレクトプラス」は、「外貨から円へ」、そして「外貨から外貨」といったお客さまの多彩な外貨取引のニーズにお応えします。

銀行で米ドルと日本円の両替を行った場合のコスト

仲値 (TTM) +/-1円のTTS、TTBのレートで計算⇒/10,000通貨あたり:約1万円の手数料が発生が発生

FXダイレクトで米ドルと日本円の「受渡し」を行った場合のコスト

24時間いつでも当社レートで外貨または円に交換⇒/10,000通貨あたり:500円の手数料が発生が発生

外貨調達・円調達 (受渡し) の費用

「受渡し」につきましては、以下の費用がかかります。

受渡し手数料/500円:10,000通貨単位
銀行送金手数料/ご出金される場合のみ
!
  • ※外貨でご出金をされる場合の送金手数料につきましては、お客さまのご負担とさせていただきます。
  • ※建玉をお持ちになっている間は、スワップポイントの受払いが発生します。
ページTOPへ

外貨調達・円調達 (受渡し) の手順

円→外貨の場合

外貨を「受渡し」する場合は、外貨買いの建玉を建てた上で、その取引数量相当の円をご入金いただいていることが必要条件となります。 買い建玉につきましては、以前からお持ちになっているものでも外貨調達のために新たにお持ちになったものでも構いません。「受渡し」をご依頼された外貨買い建玉の取引数量が、お客さまの受け取る外貨の金額となります。

[円を入金して1万米ドルの外貨調達 (受渡し) をする場合]

ステップ1

必要証拠金のご入金

まず1万米ドルの買い建玉を持つための必要証拠金をご入金ください。この段階では新規に建玉をお持ちになるための必要証拠金のみで構いません。

  • ※強制決済が発動しないよう、余裕をもったご入金をお勧めします。

ステップ2

買い注文

パソコンで米ドル/円 1万ドルを購入 (買い注文) してください。

  • ※受渡しの最低取引単位は1万通貨単位となっております。

ステップ3

残額のご入金

1万ドルの買い建玉を外貨調達 (受渡し) するために、取引総代金から入金済みの必要証拠金額を引いた残額と外貨送金手数料を加えた金額以上の額をご入金ください。

ステップ4

受渡しのご指示

WEB取引画面で受渡し決済依頼の手続きを行ってください。2営業日後に口座内に外貨残高が反映されます

  • ※調達された外貨をご出金される場合は、「出金依頼」画面にて「ご出金」のご指示をしてください。
  • ※ご出金は、ご依頼日から4営業日以内を予定しておりますが、海外市場の休場等によりそれ以上の日数がかかる場合もあります。余裕を持ったご依頼をお願いします。

外貨→円の場合

外貨で円調達 (受渡し) する場合は、外貨の売り建玉を建てた上で、その取引数量分の外貨をご入金いただいていることが必要条件となります。売り建玉につきましては、以前からお持ちになっているものでも、円調達 (受渡し) のために新たにお持ちになったものでも構いません。 「受渡し」をご依頼された外貨の売り建玉の取引数量相当の円が、お客さまが受け取る金額となります 。

【1万米ドルを入金して円調達 (受渡し) をする場合】

ステップ1

必要証拠金のご入金

まず1万米ドルの売り建玉を持つための必要証拠金をご入金ください。この段階では、新規建玉をお持ちになるための必要証拠金のみで構いません。

  • ※強制決済が発動しないよう、余裕をもったご入金をお勧めします。

ステップ2

売り注文

パソコンで米ドル/円 1万ドルを売却 (売り注文) ください。

  • ※受渡しの最低取引単位は1万通貨単位となっております。

ステップ3

残額のご入金

1万ドルの売り建玉を円調達 (受渡し) するために、1万ドル以上の額をご入金ください。

  • ※建玉は、日本円など他の通貨で建てることも可能です。ただしその場合は、別途1万ドルのご入金が必要となります。

ステップ4

受渡しのご指示

WEB取引画面で受渡し決済依頼の手続きを行ってください。2営業日後に口座内に外貨残高が反映されます。

  • ※調達された円をご出金される場合は、「出金依頼」画面にて「ご出金」のご指示をしてください。
  • ※ご出金につきましては、ご依頼日から4営業日以内を予定しておりますが、海外市場の休場等によりそれ以上の日数がかかる場合もあります。余裕を持ったご依頼をお願いします。
ページTOPへ
セントラル短資FX カスタマーデスクは0120-30-8806です。もし上記の番号がご利用いただけない場合は03-6833-0250です。

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)
お問合わせフォーム

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)