16通貨ペア
スプレッド大幅縮小!

ご利用者様の声

マジマジ様
東京都内在住40代:自営業/男性

私がセントラル短資FXで取引を始めた理由

私がセントラル短資FXでFXをスタートしたのが2006年で、まだ社名がセントラル短資オンライントレードという名前でした。当時のFX業界には、まだあまり取引会社もなく、その中で大手であり、社長が日銀出身だったので安心だろうと思い取引口座を開設しました。口座開設しただけで1万円がもらえるキャンペーンもやっていたので、それに惹かれたということもあります。

FXに興味をもったきっかけは、長らく外貨預金をやっていたのですが、手数料が高かったこと、また円に換えるタイミングに制限があったり、不自由を感じていたのですが、これらを全て解決してくれたのがFXでした。

これまでの取引の経験

最初は外貨預金の代わりに、外貨を保有するためにFXをスタートしたのですが、24時間為替レートが動いていて、いつでもネットで売り買いができたので、いつのまにかデイトレーダーになりました。そこからは世界経済や金融に関する情報収集をしたり、チャートの見方を勉強したり、生活スタイルというか、趣味嗜好が全く変わりました。全く読んだことがなかった日経新聞や、ロイターなども見るようになりました。

取引の経験としては、FXをスタートして13年目にはいっていますが、上がるか下がるかわからない相場ではポジションをとらないようにしています。重要経済指標の前にはポジションを持たない、寝る前には必ずポジションを解消する習慣をつけています。また相場の予測は翌日まで。それ以降の予測はしないようにしています。遠くの的よりも近い的のほうが当てやすいと考えているからです。

取引している通貨ペアはドル円で主に30分足。テクニカル指標は移動平均線とRSIを参考にしています。新規シグナルの発生は移動平均線で、決済シグナルの発生はRSIでみてトレードをしています。

セントラル短資FXの気に入っているところ

チャートの種類が豊富で、特にプログレッシブチャートがお気に入りです。最近注文もだせるようになりました。

私がメインで使用しているのはクイックチャート・トレードプラスです。今ではダウンロード型チャートシステムは普通になりましたが、当時はまだ少なく貴重なトレードツールでした。売買シグナルやストラテジがプログラミングできたりと、トレードが好きな人がうれしい機能が充実していて、楽しいチャートだと思います。

これまでスプレッドに不満を感じることがありましたが、約定率が高かったので取引を続けていました。狭いスプレッドとこれまでと同じような約定ができるなら最高だと思います。是非この両立をお願いします。