このページを印刷する

まずはここから!スタート FXが初めての方

はじめてFX取引をスタートされる方や、
これまでにほかの投資のご経験があるという方も、
まずはここからFXのしくみや特徴を理解してから
お取引をはじめましょう。

  • FXとは?
  • スワップポイントとは?
  • 為替のレートはどうやって見るの?
  • 取引手数料はいくら?
  • レバレッジとは?
  • 強制ロスカットとは?
  • まとめ

レバレッジとは?

レバレッジとは、預け入れた証拠金を担保にして、その何倍もの金額の取引ができる仕組みのことをいいます。(個人のお客さまは最大レバレッジ25倍まで)

例えば、外貨預金で1万米ドルを購入しようとした場合は、100万円が必要となります。(1米ドル100円で計算)
しかし、FXではレバレッジという仕組みがあるため、「取引をするための証拠金」である最低4万円の証拠金を預け入れることで、同額の1万米ドルを買うことができるのです。(「レバレッジ25倍」の場合)

例:1万米ドルを買う時に必要な最低資金

例:1万米ドルを買う時に必要な最低資金

レバレッジとうまく付き合おう

レバレッジを高くすると、投資資金に比べて大きな金額の取引が可能となるため、大きな収益を得られることがある半面、大きな損失を被ることもあることを忘れないでください。
お客さまの投資目的やそのリスク等をチェックして、FXに慣れていない段階では、レバレッジを低めにし、取引額も小さいところから始めて、自分でリスクを十分コントロールすることができるようになってから、レバレッジを引き上げることをお勧めします。

【1米ドル=100円のときに、1万米ドル/円を取引した場合の為替差損益】

1米ドル=100円のときに、1万米ドル/円を取引した場合の為替差損益

取引はいくらから始められる?

レバレッジをどう使うかによりますが、通貨ペアによっては、最低500円程度の資金から取引を始めることができます。ただし、取引をする際に最低限必要となる金額ギリギリしか預け入れていない場合は、為替レートの変動ですぐに「強制ロスカット」となってしまう可能性があるため、余裕を持った資金管理をおすすめします。
為替レートが思った方向とは違う方向に動いて損失が発生した場合でも、証拠金に余裕があれば取引を継続することができますし、お客さまの任意のタイミングで一旦建玉を決済して、新たな取引を開始することもできるからです。

レバレッジをどう使うかによりますが、通貨ペアによっては、最低500円程度の資金から取引を始めることができます
  • FXとは?
  • スワップポイントとは?
  • 為替のレートはどうやって見るの?
  • 取引手数料はいくら?
  • レバレッジとは?
  • 強制ロスカットとは?
  • まとめ

口座開設やFX取引についてご不明な点は、当社カスタマーデスクまでお気軽にお問い合わせください。

携帯・PHSからもOK フリーダイヤル0120-30-8806

上記の番号がご利用いただけない場合 
03-6833-0250

受付時間:午前08:00~午後07:00(平日)

スマホ・タブレットでOK! お取引開始までの流れ
最短5分で完了 スマホだけでOK 口座開設はコチラ