100年以上の歴史を持つ!セントラル短資グループ

グループ: 2 オブジェクト

中長期投資でセントラル短資FXが選ばれる理由

豊富な高金利通貨
取引スタイルで選べる豊富な高金利通貨
スワップポイントは毎日口座残高に反映
グループ創業100年以上!金融の老舗

豊富な高金利通貨

スワップポイントって?

金利が異なる2 つの通貨の建玉の保有日数に応じて発生する通貨間の金利差調整分のことをスワップポイントといいます。
低金利の通貨を売って高金利の通貨を買ったまま保有していると、原則、毎営業日スワップポイントを受け取ることができます。
逆に高金利の通貨を売って、低金利の通貨を買った場合は、スワップポイントの支払いが発生します。
※市場環境により例外あり

たとえば・・・

日本円を売ってオーストラリアドル(豪ドル)を買うとしましょう。
オーストラリアの政策金利が1.5%に対し、日本は-0.1%です。
そのまま保有していると金利差調整分に対応するスワップポイントを原則、毎営業日受け取れるのです。

たとえば

1.6%

1.5%

-0.1%

1.6%

高水準のスワップポイント
経済成長が期待されるトルコ、南アフリカ、メキシコなどの「新興国」や、鉱物資源や農産物を産出するオーストラリア、ニュージーランドなどの「資源国」の通貨をお取引できます。

1日あたり平均のスワップポイント
※2019年4月1日~30日の実績(1万通貨あたりの買いスワップ)

トルコリラ
81円/日

メキシコペソ
15円/日

南アフリカランド
8円/日

オーストラリアドル
30円/日

ニュージーランドドル
27円/日

本日のスワップポイントを見る

グループ: 2 オブジェクト

取引スタイルで選べる豊富な高金利通貨

チャレンジ派
画像
画像
バランス派
画像
画像
金利を比べてみよう

各国の金利を比べる際は、政策金利をみるのが一般的です。
政策金利は中央銀行(日本でいうと日本銀行)が市場で誘導する基準となる金利です。

国名 政策金利
トルコ 24.0
メキシコ 8.25
南アフリカ 6.75
ニュージーランド 1.50
オーストラリア 1.50

※2019年5月8日時点

グループ: 2 オブジェクト

スワップポイントは毎日口座残高に反映

セントラル短資FXでは、保有している建玉を決済しなくても発生したスワップポイントが取引口座残高に反映されます。累積したスワップポイントを利用して、新たな取引を行うことやそのまま出金することも可能です。

セントラル短資FXだからできる!使い方は2種類!あなたはどっち?

画像

新たな取引に利用

累積したスワップポイントを証拠金として新たに取引ができる

証拠金として 新規取引OK

そのまま出金

累積したスワップポイントだけを出金することもできる

スワップのみ 出金OK

グループ創業100年以上!金融の老舗

安心・安全の資産全額信託保全

お客様の資産を安全に確保し、安心してお取引いただくため、
お預かりした証拠金につきましては、三井住友銀行に全額信託保全しております。

画像

  • 1

    お預かり資産全額信託保全

    お客様に安心してお取引いただくことを目的として、お預かりした資産を信託銀行に信託する、「セキュリティートラスト」を実施しております。また円貨だけでなく、外貨で預託を受けた証拠金や収益も信託保全の対象になります。

  • 2

    スワップポイントや未実現損益まで、全額信託保全

    信託保全の対象は、スワップポイントや取引の評価益まで日々値洗いを行い全額信託保全します。信託保全の値洗いの頻度のチェックは取引会社を選定する上で重要なチェックポイントです。

  • 3

    資産の信託保全先は、三井住友銀行

    smbc

    当社では、三井住友銀行と当該信託契約を締結しております。

画像

グループ: 2 オブジェクト