FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリース
  3. お待たせしました!本取引版『クイックチャート・トレードプラス』にも新機能を追加します

ニュースリリース

RSS

お待たせしました!

本取引版『クイックチャート・トレードプラス』にも新機能を追加します

更新日:2015年9月7日

サービス

2015年9月14日(月)、先のデモ版(9月2日)に続いて、本取引版「クイックチャート・トレードプラス」も新機能追加を含むバージョンアップを行います。ご利用のお客さまはアップデートをお願いします。
※バージョンアップの内容は、デモ版と同じです。

バージョンアップの内容

「ワンクリック成行注文パネル」を搭載

オーダーウィンドウを開くことなく新規の成行注文が発注できます。
この新機能により、発注までの操作手順が短縮され、お取引したいタイミングを逃さずに注文できます。

<従来の新規成行方法>
これまでは、メニューからオーダーウィンドウを選択するか、予めオーダーウィンドウを画面に配置しておくという必要がありました。そのため、成行を発注するまで手順がかかったり、予め配置する場合はその分スペースを取られ、他の情報が表示できないという難点がありました。

<新機能>
新しい画面では、チャート上にワンクリックで成行注文できるパネルを配置し、発注までの操作手順を短縮しました。

水平線、垂直線の追加

お客さまからご要望の多かった「水平線」「垂直線」を追加します。

自動売買による約定履歴の表示/非表示切り換え機能の追加

チャート上に表示される自動売買の約定履歴(付箋)を、表示と非表示に切り替えられます。

不具合の解消

以下3件の不具合が改善されます。

  • チャート上に描画したトレンドラインをドラッグした際、描画の位置によってはラインが描画されない。
  • ストラテジ稼働中に、同一の通貨ペアおよび足種のストラテジを新たに稼働した場合、全ての付箋が消えてしまう。
  • データの再読込を行った際に、付箋の表示位置がずれる。

対象サービス

実施日

2015年9月14日(月)

アップデート方法

「クイックチャート・トレードプラス」起動時に表示される更新確認画面で「OK」を選択してください。

!
  • ※「クイックチャート・トレードプラス」で自動売買を稼働中にバージョンアップを含む再起動を行った場合、自動売買を再稼働させるには、シグナル/ストラテジコントロールパネルにある自動売買開始ボタンをお客さま自身でクリックしていただく必要があります。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)