FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリースバックナンバー一覧(2012年)
  3. 新年のご挨拶

ニュースリリース

RSS

新年のご挨拶

更新日:2012年1月1日

  謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
まず東日本大震災被災地の一刻も早い復興を心からお祈り申し上げます。
昨年中はセントラル短資FXをご愛顧賜り、厚くお礼申し上げます。

  2011年は、東日本大震災、米国国債格下げ、欧州債務問題の深刻化など、日米欧さらには新興国においても厳しい一年でございましたが、復興や財政立て直しに向けた各国の努力がこれから本格化し、2012年の世界金融経済はやや回復方向に向かうのではないかと期待いたしております。

  さて、外国為替証拠金(FX)取引につきましては、昨年までのレバレッジ規制等一連の規制強化により取引の健全性・透明性の向上が大きく進展しました。さらに、本年1月1日から店頭取引と取引所取引の税制一体化が実現いたしました。具体的には、@「一律20%申告分離課税」 に統一されるとともに、A店頭FX取引から発生した損失の「3年間繰越」やB店頭FX取引の決済差損益について「取引所に上場する他の先物取引との損益通算」が認められることになりました。このような規制強化と税制改正とが相俟って、FX取引につきましては、投資効率や利便性の高い外貨投資商品として、一層幅広い個人投資家の皆さまにご利用いただけると確信いたしております。

  当社は100年の歴史を持つセントラル短資株式会社のグループ会社として、2002年3月に設立して以来、本年3月で創立10年周年を迎えます。これも皆さまのご愛顧とご支援の賜物と、役職員一同感謝申し上げます。2012年は、「FXに強い武器を!」をキャッチフレーズに、取引システムやツールを一段と充実してまいります。まず、1月16日から、『クイックチャート・トレード』に自動売買機能を搭載するなど、使いやすいシステム・トレード機能の拡充に努めてまいります。また7月には、新基幹システムを本格稼働させるとともに、@新しいWeb取引画面や、AiPhone改訂版アプリ、BAndroidアプリなどお客さまにとって一層見やすく、操作が簡単なツールをご提供いたします。

  さらに、「責任ある企業行動」や「コーポレートガバナンス及び内部管理体制の充実」等にも注力し、一層の飛躍を目指してまいります。今後とも、ご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

  皆さまのご健勝とご多幸をお祈りいたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

セントラル短資FX株式会社
代表取締役社長    松  本  一  榮

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)