FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリースバックナンバー一覧(2010年)
  3. Currency (カレンシー) Vol.6 プレゼントキャンペーンのご案内 (先着2,000名様)

ニュースリリース

RSS

Currency (カレンシー) Vol.6
プレゼントキャンペーンのご案内 (先着2,000名様)

更新日:2010年7月23日

キャンペーン

レバレッジ規制―
本気でFXを始める環境がこれで整った!

野村雅道氏&阿草龍二 対談

【ディーラーだってアツくなる!】 山岡"ダックビル"和雅氏
【クイックチャート・トレード超活用法】 陳満咲杜氏
【レバ25時代のサラリーマンFX術】
【注目の通貨レポート】 カナダドル <CAD>

◆「Currency」は、FX取引に興味をお持ちのみなさまを対象に、セントラル短資FXが発行する「FX情報マガジン」です。

Currencyについて詳しくはコチラをご覧ください

「Currency Vol.6」を先着で、2,000名様にプレゼント!

対象期間

2010年8月2日(月)〜9月30日(木)まで

対象

会員さまの中から、上記期間中にアンケートにご協力いただいた方

応募方法

「FXダイレクト」お取引画面(「キャンペーン情報」欄)からアンケートフォームにお入りいただき、ご回答ください。

  • ※2010年9月30日現在、当社に取引口座をお持ちの方が対象です。
  • ※ご記入項目に不備があった際には、対象とならない場合があります。
  • ※2010年8月より随時発送いたします。

「Currency Vol.6」の内容

編集グループより

  • 一連の取材の中で、長い間経験を重ねてきたディーラー(元ディーラーも含めて)の方々に貴重なお話を伺いました。いつの時代でも取引において問われている人間力、そして為替の世界の奥深さ――。今号をお読みいただいた方に感じていただければ幸いです。(H・Y)
  • Currency編集の役得で、今回もなかなか日頃お会いできない方の取材に同行することができました。同席した中で印象に残っているのは、ダックビルさんを取材した際に山岡さんが着ていたシャツのカラー。写真にも映っているあのシャツです。ステート・ストリート銀行さんの取材では写真にも映っている会社案内パンフ、とても印象的でした。大きくお見せできないのが残念。(K・A)
  • Vol.5に続き、2度目の編集作業を担当しました。取材では誌面に載せきれないほどの、興味深いお話を多々いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。W杯の好カードを横目に編集作業を行うのはツライものがありましたが、こんな思いが出来るのも、もう4年も先のことなんですね。(K・K)
  • 入社して約3ヶ月の新人ですが、今回Vol.6の編集に携わらせていただきました。作成には多くの人の協力があり努力があり、それを間近で見てきたので完成版を手にした時は嬉しかったです!子育てをする親の気分でした(笑)私自身、先輩の補佐ができたかどうかは謎ですが(むしろ邪魔していたかも…)、Currency編集を通して貴重な体験ができ、少なからず成長した気がします。(A・N)

Currency (カレンシー) に関するご意見・ご感想は
セントラル短資FX マーケティング部
カレンシー編集グループ
メール:currency@central-tanshifx.com

!
  • 注意事項及びリスク開示
  • ※外国為替証拠金取引は、証拠金を預託することにより少額の資金で大きな金額のお取引を行うことが可能ですが、外国為替相場や金利の変動により預託した証拠金を上回る損失となる可能性があります。また、取引証拠金として、必要証拠金(想定元本の2%[法人は1%又は2%])以上の金額が必要となります。取引レート、両替レート及びスワップポイントには売値と買値の提示価格に差 (スプレッド) が生じます。取引手数料は無料です。受渡手数料は1万通貨あたり500円の手数料が含まれます。顧客報告書発行手数料は無料 (郵送の場合は最大2,625円/1回) です。当社との契約形態は店頭外国為替証拠金取引となり、お取引に際しましては契約締結前に交付いたします「店頭外国為替証拠金取引説明書」等の内容を十分にご理解いただき、ご自身の判断と責任においてお取組みください。

    セントラル短資FX株式会社
    第一種 金融商品取引業
    関東財務局長(金商)第278号
    加入協会等: 金融先物取引業協会(会員番号1504)
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)