FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリースバックナンバー一覧(2010年)
  3. 新年のご挨拶

ニュースリリース

RSS

新年のご挨拶

更新日:2010年1月1日

  皆さま、あけましておめでとうございます。
昨年中はセントラル短資FXをご愛顧賜り、厚くお礼申し上げます。

  皆さま既にご存じのとおり、本年からいよいよFX取引に関する金融庁の規制が強化されます。まず、2月からお客さまからお預かりした証拠金の「完全信託保全化」と「ロスカットルールの整備・遵守」がFX業者に義務づけられます。また、証拠金倍率(レバレッジ)に限度が設けられます。8月からは50倍、1年後には25倍までに規制されます。弊社につきましては、2006年2月に全額信託保全を既に導入済みですし、ロスカットルール等も整備済みでございます。またレバレッジ対応もシステム面を含め準備に万全を期しております。

  このような規制強化は、各企業の自助努力と相俟って、必ずやFX取引業界の健全化につながるものと確信いたしております。これまで過大な証拠金倍率かつ超低スプッドをセールスポイントに業容を急拡大させ、「ロスカット狩り」、「レート操作」等の疑惑でマスコミを賑わせてきた業者や信用力の低い業者は、ビジネスモデルの根本的変更ないしは整理淘汰を余儀なくされ、お客さまに安心してお取引いただけるFX業者が存続して行くと推測されます。また、かねてより「店頭FX取引についても取引所取引と同様に"申告分離課税"を適用して欲しい」とのご要望がお客さまから強く寄せられておりますが、税制改正が実現するよう店頭取引業者が協調して金融庁に引続き粘り強く要望して参ります。

  弊社は、創業以来100年の歴史を有するセントラル短資グループの一員として、インターバンク市場で長年にわたって培ってきた信用力やノウハウを活かし、質の高いFX投資サービス("Quality FX")のご提供に引き続き努めて参ります。より具体的に申し上げますと、@お客さまに信頼していただける「適正な取引スプレッド」、A安定性・利便性に優れた取引システムや取引ツール、Bお役に立つ情報、C責任ある企業行動など、あらゆる面でお客さまにご満足いただけるよう役職員一丸となって本年も心新たに「サービスの向上」に取り組んでまいります。今後とも、ご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

  皆さまのご多幸とご健勝をお祈りいたしまして、年頭のご挨拶とさせていただきます。

セントラル短資FX株式会社
代表取締役社長    松  本  一  榮

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)