FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリースバックナンバー一覧(2009年)
  3. 「逆指値注文」における発注ルール変更のお知らせ

ニュースリリース

「逆指値注文」における発注ルール変更のお知らせ

更新日:2009年12月18日

取引

平素よりセントラル短資FXをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

このたび当社では、お客さまから改善のご要望を多くいただいております「逆指値注文の発注ルール」について見直しを行い、以下のとおり変更することとなりましたのでお知らせいたします。

お客さまにおかれましては、「逆指値注文の発注ルール」の変更内容につきまして十分ご理解をいただき、お取引にお取り組みいただきますようお願い申し上げます。

変更日

2010年1月18日

変更内容

以下のとおり

現行

逆指値注文は、お客さまにご注文いただいた買い (売り) の逆指値のレートが、「お客さまの売り値」 (「お客さまの買値」) に到達したときに、初めてその注文が「成行注文」として発注されるルールを採用しております。

【現行の逆指値注文の発注タイミング】

例:為替レートが100.00以下のときに、100.00の「買い」逆指値注文を入れた場合

この逆指値注文は、当社の配信レートが100.00-100.02に達したときに成行取引として発注され、この時点の「お客さまの買値」である100.02で約定します。

※当社の配信レートが99.98-100.00時点では逆指値注文は発注されません。

変更後 (2010年1月18日より)

新ルールでの逆指値注文は、「お客さまの買値」(「お客さまの売り値」)が、お客さまにご注文いただいた買い(売り)の逆指値のレートに到達した時点で発注されるようになります。
この逆指値注文の発注ルール変更により、「注文レートと同一レートで約定」することが多くなり、お客さまにとって、より資金管理のしやすい環境となります。

【変更後の逆指値注文のしくみ】

例:為替レートが100.00以下のときに、100.00の「買い」逆指値注文を入れた場合

この逆指値注文は、当社の配信レートが99.98-100.00に達したときに逆指値注文が発注され、お客さまにご注文いただいた逆指値条件のレート100.00 (お客さまの買値) で約定します。

※相場環境などにより、お客さまに発注いただいた逆指値のレートを瞬時に突き抜けてレートが変動した場合、お客さまのご注文レートより不利な条件で約定することがあります。


逆指値注文は、あらかじめ設定した為替レートで自動的に取引が成立する注文のため、為替レートの変動を追い続けることなく、一定の条件で利益を確定したり、リスクを最小限に抑えることが可能な注文方法です。効率的なご利用により、投資の幅が広がる機能となっておりますので、ぜひご活用ください。

なお、ご不明な点がございましたら下記へご照会ください。

■セントラル短資FX カスタマーデスク

セントラル短資FX カスタマーデスクは0120-30-8806です。もし上記の番号がご利用いただけない場合は03-6833-0250です。

受付時間 月曜午前7時〜土曜午前7時 (平日24時間)
メールアドレス:support@central-tanshifx.com

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)