FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. ニュースリリースバックナンバー一覧(2008年)
  3. 「FXハイパー」口座における日次更新作業中の注文約定方法変更について

ニュースリリース

「FXハイパー」口座における日次更新作業中の注文約定方法変更について

更新日:2008年10月25日

取引

平素よりセントラル短資FXをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

さて、当社では2008年11月3日より、「FXハイパー」口座における当社日次更新作業中の発注済み注文約定方法を、「FXダイレクト」口座と同一の約定方法に統一させていただくことといたしました。
現在当社では、お客さまポジションの日越え処理作業にともない、毎日ニューヨーク(NY)クローズ後(金曜日のクローズを除く)に、約20分間お取引を停止させていただいております。
「FXハイパー」口座では、最大レバレッジが100倍であることから、インターバンク市場における取引の流動性を考慮し、この取引停止時間中の値動きによる発注済み注文の約定を、全て一律当社オープニングセッション(取引再開時)レートにより約定させていただいておりました。
一方「FXダイレクト」口座では、ニューヨーククローズ時点で発注済みとなっている指値・逆指値等のご注文を、取引停止時間中も実勢の値動きにしたがって約定させており、お客さまにとってはご注文の約定がたいへん分かりやすいものとなっております。
当社ではお客さま取引の利便性を尊重するとともに、取引の流動性の確保につきましては「FXハイパー」も「FXダイレクト」と同じであると判断し、このたび11月3日のニューヨーククローズ後より、「FXハイパー」口座における日次更新作業中の注文約定方法にも、「FXダイレクト」口座と同様の約定ルールを適用させていただくことといたしました。これにともない、日次更新作業後の取引再開時間も日本時間午前7時20分(米国夏時間では午前6時20分)に統一されます。現在行なわれている「FXハイパー」口座のオープニングセッション約定は廃止されることとなりますのでご注意ください。
当社では、今後もお客さま取引の利便性・機能性を考慮し、様々な取引サービスのご提供を予定しております。今後とも、セントラル短資FXをご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

【ご注意】強制決済について
当社における強制決済は、日次更新作業中の値動きでは発動しません。ニューヨーククローズ時点で発注済みとなっているご注文の約定処理を全て完了後、取引再開時間(日本時間午前7時20分。米国夏時間では午前6時20分)からの値動きにより取引口座が評価されることとなります。そのため、相場環境の悪化によっては、ご入金金額を越える損失が発生する可能性がございます。お取引の際は、口座の資産管理に十分ご注意を払われますようお願い申し上げます。

マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)