水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第422回:6月末までの日柄

更新日:2017年5月24日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

月曜夜まで何の異常も無かったPCが突然うんともすんともいわない状態となり焦りました。業務用の環境はすぐに再現できるようにしてあるものの、データは全てクラウド上で管理しているため、それらのファイルをローカルにダウンロードするのに思いのほか時間がかかりました。
全部で40GBほどのデータですが、大手のクラウドを種類別に使い分けています。Dropboxをメインに、Googleドライブ、One Drive(Microsoft)、iCloud(Apple)、BOXの5つのサービスを使っているのですが、ローカルへの再構築で転送速度が一番速かったのがDropbox、一番遅かったのがOne Driveでした。ユーザーの環境次第で異なるとは思うものの、結構差が出ていたのはこんな時でないとわからない発見でした。

6月末までの日柄

明日が変化日となっていますので、今回は久しぶりに日柄の話をしましょう。マーケットビューの読者の方は、私が日柄分析には天体サイクルを重視していることは、ご存知のことと思います。

最近はカレンダー(変化日や特定時間帯における傾向)の更新のみでレポートには手が回っていませんし、なかなかカレンダーだけで判断することも困難だと思いますので、カレンダーを読み解くとこうなる、ということを書いていきましょう。

まず、明日の変化日から6月末までのカレンダーは以下のようになっています。

【5月】

25日 近地点における新月、変化日
31日 東京~LDN市場でドルが買われやすい

【6月】

2日 月の赤緯0度、変化日
9日 満月
10日 木星順行
14日 東京~NY市場でドルが買われやすい
16日 海王星逆行
17~18日 ドルが売られやすいが週末
18日は月の赤緯0度
19~23日 株式、商品等全ての市場で変化日
21日は太陽と水星の合
23日は月の近地点、24日は新月
30日 変化日、月の赤緯0度

こうして見てみると、6月は天体配置的には賑やかな1か月となっています。

これらの配置からシナリオを考えると、現段階では以下のようなイメージを描くことが妥当であると言えます。

まず、明日の変化日ですが、これは近地点における新月によるもので、この配置はドル買いの配置です。ドル円で一段高となるか、直近上値の重たいユーロドルでユーロ売りとなるか。FOMC議事録の発表もありますし、ドルが買われる動きに注意が必要です。その後、月末までは目立った配置はありませんが、月末の東京からLDNにかけて、ドルが買われやすい時間帯となっているため、月末需要によるドル不足が考えられます。

6月の最初の金曜2日が変化日です。方向性は示されないものの、上記の動きでドルが買われた状態で行くと、反転ドル売りという可能性が高そうです。雇用統計もありますので、いったんドル買いの動きに対しての調整が入る、と見ておくのが流れとしては自然です。

その後、9日、10日に細かな配置がありますが、あまり影響はありません。週末前にどちらかというとドルの上値が重たくなるかな、といった程度です。そして14日にドルが買われやすく、17日の前倒しで16日にドルが売られやすくなる配置があります。このドルが売られやすいという影響力は、週明けの19日早朝市場まで残る可能性があります。

そして、6月最大の変化日週間が19~23日です。この週は、1日おきに月水金と3日間の変化日がありますが、誤差を前後1日で考えていますので、この週全体が「変化日週間」と見ておいた方がよいでしょう。仮に週初にドル売りの影響が残っていたとしても、方向性が見え始めたら、上でも下でも大きく方向転換する可能性が高いため、注意が必要です。中心配置は夏至の日の太陽と水星の合で、これは株式、商品市場を中心として、為替も金利も全ての市場で変化が起きやすい日柄となります。どのマーケットがリードするのかは、前の週までの動きを見ながら、最も反転しやすいものに影響を受ける大きな変化週になると見ておきましょう。なお、週末23日はややドルが買われやすい日でもあります。

最後に、月末30日が変化日です。これは19~23日の変化週の動きに対して調整が入る変化日と考えられますので、前週の動きに対して逆方向のトレンドが発生しやすい月末となるでしょう。

こうして見ると、5月最終週から6月末まで天体配置から見る日柄は、なかなか賑やかです。オシレータ系のテクニカル分析を併用すると、よりタイミングが測りやすいと思いますので、是非参考にしてみてください。

セントラルミラートレーダーによるポートフォリオ経過

これまでのポートフォリオは5月4日で運用停止しました。7か月間の振り返りはシストレ広場のコラムをご覧ください。


連載内容についての質問はいつでも歓迎です。シストレ広場にて承りますので、積極的にご活用ください。