FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第410回:値幅観測の起点を考える

更新日:2017年2月22日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

急に暖かくなったり寒くなったりと体調を崩しやすい気候ですが、私自身は先月末のインフルエンザから始まり、免疫力低下で体中にガタが来て色々な薬を飲んだ影響で、直近では胃まで変調をきたしていました。
そこで最近は、薬をいったんやめて漢方による体質改善と、胃の不調は日本最古の売薬と言われる小田原の「ういらう」(お菓子ではなく「透頂香」という漢方系の薬)でだいぶ良くなってきました。そろそろ花粉の季節ですが、しばらく医者からの薬はやめておこうと思っています。

値幅観測の起点を考える

マーケットビューでもフィボナッチリトレースメントやエクスパンションによる値幅観測を紹介していますが、「どこを起点にするのか」は、慣れないと悩ましいと思います。本来ならば最初に書くことでしたが、今回は改めて「起点」の考え方について紹介しようと思います。

「起点」は、簡単に言ってしまえば「目立った高値あるいは安値」です。目立ったというのも随分と抽象的な表現ですから、ここでは「フラクタル」というテクニカル手法をベースに目立った高値と安値を決めることにします。

では、次のドル円月足チャートをご覧ください。

チャート作成:Fibonacci Trader

※クリックで拡大できます

矢印で示した高値・安値がフラクタルです。

フラクタルというのは、古くは「スイングHLポイント」とも呼ばれ、目立った高値はその両側により低い高値を従えている高値、目立った安値はその両側により高い安値を従えている安値と定義されます。図で示すと以下のようなイメージです。

このフラクタルの中でも最も重要な高値・安値は、上記の月足で現れるフラクタルであり、そこから順に週足、日足と時間枠を下げていくことになります。

次に、週足のフラクタルをご覧ください。

チャート作成:Fibonacci Trader

※クリックで拡大できます

高値も安値もだいぶ数が増えましたが、黄色のラインマーカーで示したフラクタルは月足にも表示されていたフラクタルで、より重要度の高い高値と安値ということが出来ます。

続いて、日足をご覧ください。

チャート作成:Fibonacci Trader

※クリックで拡大できます

週足でも表示されていたフラクタルをピンクのラインマーカーで、さらに月足でも表示されていたフラクタルには丸印を付けました。こうして見ると、どこが目立った高値、安値なのかということがよくわかりますね。

今年に入ってからは、1月の年初来高値、そして2月の安値が今のところ目立った高値、安値ということになります。フラクタルの考え方は難しいものではありませんので、皆さんもお試しください。

セントラルミラートレーダーによるポートフォリオ経過

スタート以降の損益の変化は以下の通りです。

9月28日

2,565,230円(スタート時点)

10月29日

2,516,276円(10月後半見直し)

11月27日

2,210,582円(11月後半見直し)

12月26日

2,305,492円(12月見直し)

1月31日

2,390,572円(1月後半見直し)

2月15日

2,278,314円(2月前半見直し)

2月22日

2,275,045円(本日時点)

直近2月15日の見直しからほとんど変化はありません。「2月前半の見直し」はシストレ広場の以下のコラムをご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

 

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)