FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第326回:中国株とハンセン指数

更新日:2015年7月8日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

梅雨とはいえ雨が降るか曇り空、例年七夕の頃は天気が良くないことが多いのですが、最近およそ太陽を見ていません。気象庁のウェブサイトに「期間合計日照時間一覧表」というデータがありますが、なんと、東京は過去5日間の日照時間がゼロ!

たしかに太陽を見ていないはずです。

中国株とハンセン指数

中国株が下げ止まらず、今朝も7%近い下げで始まりました。ギリシャ支援問題も気になりますが、中国株の動きが他市場に波及しリスクオフの動きから為替市場では円買いの動きにつながりやすい地合いとなっています。

円相場は121円台が妙に底堅いのですが、今後の中国株の動き次第ではこれまでのレンジを下抜けする可能性も出てきますので、今回は中国株についてテクニカルな面からターゲットを考えてみましょう。

中国株の代表的な指数というと上海総合指数がありますが、年初来高値(6月12日、5,178.19)から今朝の寄り付き(3,467.40)まで既に39%も下げたことになります。しかし、現在の上昇相場が昨年7月(月末終値2,201.56)から始まったと考えても、テクニカルには長期間の上げから下げに転じているのみでターゲットを考えにくい状態にあります。

そこで、より長期のチャートを俯瞰しやすいい香港ハンセン指数のチャートを見ながら現在地を確認する作業を行うこととします。まずは、ハンセン指数CFD(指数そのものではありませんが、ほぼ同じ動きをしています)の週足チャート4年分をご覧ください。

チャート作成:Fibonacci Trader

※クリックで拡大できます

チャートを見ておわかりのように、ハンセン指数は2011年10月安値を起点に今年4月の高値まで上下しながら大きく上昇、その後上海総合指数ほどでは無いものの下げに転じています。

現在の水準は2011年10月安値と2013年6月安値を結んだサポートラインの上に位置し、ちょうど今年4月高値までの38.2%押しであると同時に、均衡表の雲の上限も全く同じ水準に位置していることがわかります。4月高値からの動きとして、いったん下げ止まるにはかなりいい水準と言えるでしょう。

本日は中国人民銀行による声明もあり、リスクオフの動きもいったん収まっているため、短期的には中国株も下げ止まる可能性が高いのではないかと考えられます。しかし、景気減速にも関わらず個人投資家の資金が大量に市場に流入したため、中国の証券市場はバブルであるとの見方が根強いことも事実です。下げ止まっても上がらないとなれば、下げる動きが再開する可能性は高そうです。

今後、ハンセン指数のサポートラインは少しずつ上昇してきますし、均衡表の雲もまた少しずつ上昇し、双方のサポートを同時に下抜ける可能性があります。その場合には2011年10月安値と今年4月高値までの半値押しとなる22,372レベルがターゲットとなっていきます。同水準は2014年9月と12月の安値とほぼ重なる水準であり、現在のハンセン指数の水準から考えると、約6.6%下の水準となります。

仮にこの6.6%という値幅を今朝の上海総合指数にあてはめると、およそ229ポイントとなり、3238という数字が出てきます。今年1月時点での高値が3404.83、その後の2月に押した水準が3049.11でしたから、3月以降に急騰する前の水準までもう一段の押しがあり得ると考えられます。

今回はあえて他市場から中国株の下げのターゲットを求める作業をしてみましたが、こうした近い関係にある市場からの分析も決して意味の無いことではありません。為替でも近い関係にあると思える通貨ペアから同様に分析してみることも面白いと言えます。

セントラルミラートレーダーによるポートフォリオ経過

シストレ広場の「損益曲線ポートフォリオ」は、現在以下の10ストラテジによる運用となっています。

【ポートフォリオに含まれるストラテジ(10本、各1万通貨、最大建玉数20万通貨)】

  • USD/JPY:RoadRunner
  • EUR/JPY:must-win4
  • EUR/USD:RangeBreak
  • EUR/GBP:Trend Friend
  • AUD/USD:Zeno
  • NZD/USD:AcronFX
  • GBP/USD:ThirdBrainFX
  • USD/CHF:WaveRider(今回入れ替え)
  • GBP/JPY:EWP3.0
  • EUR/AUD:Lynx(今回追加)

現状のパフォーマンスは以下の通りです。(当初残高 5,000,000円)
7月8日現在:口座資産4,751,860 評価益72,504 口座清算価値4,824,364

先週に続きパフォーマンスはやや悪化しています。今週も上記ポートフォリオを維持しますが、7月の見直しは少し早める必要がありそうです。

なお、上記ポートフォリオのmtpファイルをご利用の場合、シストレ広場から免責事項をよくお読みの上でお使いください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)