FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

ゴールデンウィーク期間中の「マーケットビュー」掲載予定について
4月末から5月上旬のゴールデンウィーク中、誠に勝手ながら『マーケットビュー』は以下のスケジュールで掲載させていただきます。 何卒よろしくお願いいたします。

日付

掲載

ご執筆者

4月28日(火)

和田仁志氏

4月29日(水)

×

4月30日(木)

山中康司氏、津田穣氏

5月1日(金)

野村雅道氏、松崎美子氏

5月2日(土)

×

5月3日(日)

×

5月4日(月)

×

5月5日(火)

×

5月6日(水)

×

5月7日(木)

山中康司氏、津田穣氏

※「○」は掲載日、「×」は掲載をしない日となります。

第317回:ある自動売買プログラムの考え方(2)

更新日:2015年5月7日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールデンウィーク後半の5連休も終わりましたが、今週中はまだ休み明けの肩慣らしといったところでしょうか。

さて、今回の前半は「ある自動売買プログラムの考え方」続編、後半はシストレ広場でスタートした「損益曲線ポートフォリオ」の紹介です。

ある自動売買プログラムの考え方(2)

3月25日のコラム「第311回: ある自動売買プログラムの考え方」の続きです。

前回はある自動売買プログラムの考え方について概要をお知らせし、QCT+で自動売買ストラテジを作る場合にも参考になる点について紹介しました。最後の部分でQCT+では再現できないもののある曜日のみに発動するというエントリ条件があると触れましたが、この部分は逆に裁量トレードを行っている人に参考になる部分があると思いましたので、ここでは使われていた2つの曜日条件について簡単に解説を加えておきます。

まず、このプログラムでは大きく「A月曜〜木曜」と「B金曜○時まで」という2つの区切りを用いています。そして、テクニカル指標が一定の条件を満たした場合にBの時刻を、ひとつはNY時間の午前中、もうひとつはNY時間8時まで、という設定になっています。

これはAの月曜から木曜までに加えてBの時間限定が加わることで、
 (1)月曜オープン〜金曜NY前場
 (2)月曜オープン〜金曜NY指標発表30分前
という2つの異なった時間による条件終了となっています。

週末の金曜NY後場は市場が薄くなりやすく、状況によっては値が飛びます。そのような時に新規ポジションを取らなければ無用なリスクにさらされることも無くなります。(1)も(2)も金曜NY市場の参加者減少によるリスクを避けるとともに、週末越えのポジションを取らないというスタンスと考えられ、G20といった大きなイベントがある場合には週明けのギャップ空けのリスクを避けることも可能です。

また(2)については米国雇用統計といったNY時間午前8:30に発表される経済指標で大きく動くことがあるため、それを避けるためにNY時間8時という時間を使っています。

もちろん(1)、(2)の条件終了が無く、月曜オープン〜金曜NYクローズまで常に条件を満たせば売買するというものもあります。便宜的にこれを(0)としておきましょう。

取引時間限定の視点で緩いものから厳しいものへと(0)→(1)→(2)となっているわけですが、基本的に長い時間保有するポジションであれば(0)、比較的短期保有で週末を超えたくないポジションは(1)または(2)といった感じで、裁量トレードでも金曜のNY時間を意識した取引を行うと良いと思われます。

セントラルミラートレーダーによるポートフォリオ開始

4月27日から、低下する損益曲線が上向きに転じたストラテジをピックアップしたポートフォリオの運用を始めました。シストレ広場「第39回:損益曲線ポートフォリオ」をご覧ください。

当初は以下の5つの通貨ペア各1万通貨によるストラテジのポートフォリオとなっています。

  • USD/JPY:RoadRunner
  • EUR/JPY:must-win4
  • EUR/USD:RangeBreak
  • EUR/GBP:Trend Friend
  • AUD/USD:Zeno

シストレ広場月後半のコラムにおいて、上記ポートフォリオの見直し(通貨ペアの追加とストラテジの入れ替え)を行っていきます。併せてお読みいただければ幸いです。

参考までに現在のパフォーマンスは、微減(当初5,000,000 → 5月6日現在4,977,353。別途評価益11,593)です。

以下のURLに上記ポートフォリオファイルを上げてありますが、以下の免責事項をお読みの上でお使いください。

*免責事項
1. MTPファイルは、アセンダント社が提供していますが、その内容の正確さや完全さを保証するものではありません。
2. アセンダント、およびセントラル短資FXは、MTPファイルの利用により生ずるいかなる損害の責任を負うものではありません。
3. MTPファイル利用する際は、取引のリスクを熟知した上、完全なる自己責任においてご利用ください。

【MTPファイル取り込み手順】

 @上記URLを右クリックし、「対象ファイルを保存」(*)をクリックして任意の
  保存先に保存

 Aセントラルミラートレーダーの取引画面から、MTPファイルをインポート

詳細のインポート方法は以下の操作ガイド19ページをご確認ください。

*)ブラウザによっては「名前を付けてリンク先を保存」となっています

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)