FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第308回: フィボナッチ・タイム・エクスパンション

更新日:2015年3月4日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今年度は就活の解禁が大学3年の3月からとのことで、今週に入ってからあちこちでリクルートスーツに身を包んだ学生を見かけるようになりました。年によって解禁時期は異なるものの、あまり早い時期からスタートすると大学3年以降は就活第一、学業二の次といった感じになってしまいます。大学4年に入ってからの短期決戦のほうが、学生だけでなく企業にとっても良いような気がするのですが、どうなんでしょうか。

フィボナッチ・タイム・エクスパンション

今回はフィボナッチ・タイム・エクスパンションについてです。

これまでもフィボナッチ比を使った値幅観測についてはマーケットビューのテーマとして扱ったことがありますが、日柄観測についてはそのためのツールが必要ということもあり、先週のように結果のみを示してきました。

実際に自分で試してみたいという方も多いと思い、今回はフィボナッチ・タイム・エクスパンションを計算するためのツールをエクセルのスプレッドシートで提供し、その使い方を兼ねてフィボナッチ・タイム・エクスパンションの考え方について説明することとします。

フィボナッチ・タイム・エクスパンションとは何なのかですが、簡単に言ってしまうとフィボナッチ比率をベースに特徴的な価格を付けた日から日柄観測を行うものです。

フィボナッチを用いた日柄観測には、フィボナッチ・タイム・プロジェクションというものもありますが、一般的に使われるのはプロジェクションよりもエクスパンションのほうなので、そちらに絞って説明しましょう。

次の図を見てください。

左の図は、高値Aと高値Cの間の日数をカウントして、その日数のフィボナッチ比率の日数をAC間の安値BからカウントしてYの日柄を求める例で、右の図は安値Aと安値Cの間の日数をカウントして、その日数のフィボナッチ比率の日数をAC間の高値BからカウントしてYの日柄を求める例です。

この時、高値、安値というのは特徴的な(重要な)高値、安値を用います。前回の12月8日高値と2月11日高値の間の1月16日の安値を例にしてみましょう。左側の図でAが12月8日、Cが2月11日、Bが1月16日となります。

フィボナッチ・タイム・エクスパンションの計算に使うエクセルのスプレッドシートをご覧ください。

※クリックで拡大できます

Aの日付をYYYY/MM/DD形式でB4に入力します。同様にCの日付をD4に、Bの日付をC5に入力します。入力箇所は水色のセル3箇所のみです。

すると、D7にA〜Cまでの日数が表示されます。これは、営業日ベースではなくカレンダーベースなので、その間の「土日も日数としてカウント」します。66日とありますので、66日を100としたフィボナッチ比率の日数(61.8%、100%、161.8%、等)を求め、それをBの日付から延ばしてあげた日柄がフィボナッチ・タイム・エクスパンションによる日柄となります。

前回表示したチャート内の日付と多少の誤差はありますが、日数が少ない場合には1〜2日程度の誤差が出ることはありますが、あまり気にする必要はなく、その日前後という目安で考えれば十分です。また、太字で示した日柄は私がよく使う、比較的重要な日柄と思っていただければと思います。

エクセルのシートは以下のURLからダウンロードできますので、興味のある方は使ってみていただければ幸いです。一切保護はしてありませんので、アレンジして使っていただくのも良いと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)