FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第296回:シドニー市場のレンジ

更新日:2014年12月10日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

すっかり寒くなりました。時期的に仕方がない面もあるのですが、最近ダイエット効果が薄れてきています・・まだリバウンドと言える程でもないので気を引き締めようと、昨日からなるべく歩くことを決心。昨夜は、山手線を代々木で降りて自宅まで約3.5kmを歩いてみました。体は暖かくなるものの耳が冷たくなるので、そのための対策が必要そうです。

シドニー市場のレンジ

シドニー市場のレンジといっても、ここでいうシドニー市場はNY市場が引けてから東京市場が始まるまでの時間を指しています。NY市場は17時に閉まるのでクリアですが、東京市場のオープンを何時とするかは意見が分かれるところだと思います。

実は1980年台に東京外為市場がまだ国際化される前には日銀が東京市場の公式オープンレートを毎日発表していました。この公式オープンが東京午前9時のレートだったのです。古い世代のインターバンクディーラーくらいしか記憶に残っていない話ではありますが、この公式オープンの影響で一日のレンジを東京午前9時からNY午後5時で記録するディーラーが多く、今でもその名残りでシドニー市場のレンジを除外して記録している人が、私を含めて少なからずいます。

このシドニー市場のレンジは、冬時間では東京午前7時〜午前9時、夏時間では東京午前6時〜午前9時と2、3時間ありますので、日によってはシドニー市場でつけた高値安値が東京9時以降にはつけないということがしばしばあります。また、月曜日の場合には前日がありませんのでオーストラリアの夏時間ですと場外乱闘気味に午前3〜4時にかけ離れたレートがついて問題となることもあります。

このシドニー市場のレンジですが、意外と東京9時以降のレンジと異なることが多く、今週月曜もシドニー市場のレンジと東京9時以降のレンジにダイバージェンスが発生しました。下のドル円1時間足チャートをご覧ください。

※クリックで拡大できます

黄色のラインマーカーで示したローソク足(2時間分)が、シドニー市場(東京午前7時〜9時)のレンジに相当する部分です。

今回、注目して欲しいのは、年初来高値(121.851)を今週月曜のシドニー市場でつけていますが、東京市場以降では高値が121.694となっていることです。このわずか15.7銭の差ですが、参考情報としては非常に大きいものがあるのです。

通常、このような年初来高値(あるいは年初来安値)といった特徴的なレートをシドニー市場でつけ、その後の東京市場でつけていない時、再び東京市場でそのレートをつけに行く可能性が高いのです。これまでの円安進行局面においても、同様のこと(シドニー市場の高値を東京市場でつけていない)が何度か見られましたが、その後ことごとく東京市場でつけています。

現状、昨夜の動きを見ていると高値圏での大きな調整が入り、短期的には踊り場を形成することとなりそうですが、中長期的には東京9時以降の時間帯に再び121.851をつけに行く可能性が高いと見ています。今回の押しが既に終わったのか、もう一段の押しがあるのかは別として依然トレンドはドル高・円安にあり、長期的には2007年高値の124.12レベルをつけに行く可能性が高いでしょう。

(注)文中で示したレートはすべてQCT+のチャート上に表示されるレートです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)