FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第278回:フォレックス・マグネイト東京サミット

更新日:2014年8月6日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

猛暑続きですが、昨日は館林で39.5度というこの夏の全国最高気温を記録しました。東京はいかにも都市型で今朝の最低気温は27.9度と高めです。夏らしいにしても、もう少し穏やかな暑さであって欲しいものです。日中移動する際には熱中症にお気をつけください。

フォレックス・マグネイト東京サミット

7月2日のマーケットビュー「ディーラー達の会合」でフォレックス・マグネイト東京サミットについて触れましたが、先週29・30日の2日間に渡って世界中から700名以上のFX関係者が東京のマンダリンホテルに集まりました。

セントラル短資FXの松田社長はCEOパネルのメンバーとしてお話しされましたし、私も役不足ながら初日最初のマーケティング・パネルと2日目最後のテクノロジー・パネルのモデレーターを務めさせていただきました。個人投資家の皆さんからすると、マーケティングについてはあまり興味の無いところだと思いますが、テクノロジーについては過去から現在まで、そして今後の可能性といった面で興味深い話しが出ましたので、今日はテクノロジー・パネルで出た話題の中から、いくつかを紹介してみることとします。

FX取引がスタートして15年が経ちましたが、その間取引環境は着実に進化してきました。特にここ数年は個人のFX取引を取り囲む環境が色々な面で大きく変わってきたといえるでしょう。このことはセントラル短資FXの取引システムを見ても感じられます。自動売買を行うツールとして、QCT+とセントラルミラートレーダーが提供されていますが、開発型の自動売買、選択型の自動売買と、いわゆるシストレの多様化が進んできました。日本では法的に認められていませんが、欧州ではソーシャルトレーディング、簡単に言うとトレードがうまそうな人の取引に乗っかる(ミラートレーダーのストラテジ選択が個人間でできるイメージ)スタイルが流行っています。

また、ハードウェアの進化と通信の高速化は、取引のレイテンシー(遅延)を無くし、より高速な取引をNDD(Non Dealing Desk、ディーリングデスクを通さない金融機関直結のレート提示)スタイルで提供できるようになってきました。セントラル短資FXのウルトラFXがその代表的な例と言えます。FX業者としては、変化に対応するのが大変だと思いますが、我々個人投資家は間違いなく恩恵を受けています。

ハードウェアの進化は、モバイル環境にも変化を与えました。これはiPhoneの登場が大きなきっかけになったと思いますが、今ではスマホでもタブレットでもPCと遜色のない取引が可能となり、業者によっては半分近くがモバイル環境での取引へと移行しているとのことです。タブレットの広い画面であれば、ほとんどの人にとって全く問題の無い操作感になってきたと言えます。

ハードウェアの進化は更にすごいことになっています。ビッグデータ(リアルタイムで次々と蓄積される膨大なデータ)という言葉が聞かれるようになって久しいですが、FXの基幹システムを開発する会社では、すでにビッグデータのFXへの応用研究が進んでいます。これは、例えば一連の取引の中で金曜のNYタイムの取引傾向とか、ユーロ/ドルポジションを保有している時の他の欧州通貨取引の傾向とか、かなり細かな分析を実際の取引システムに反映させるような技術です。どのような形で世に出てくるのかはまだわかりませんが、テクノロジーの進化は、今後もFXの取引環境を大きく変えていくことは間違いありません。

私がインターバンクで取引を始めた頃は、セントラル短資(当時は、日本短資、山根短資、名古屋短資の3社のFX部門)とは、電話(専用線)で取引をしていましたし、ドル円のスプレッドも平均して5〜10銭程度と今では考えられない状態でした。それが、今では皆さん御存知の通り、特に投資家を支えるシステムの進化には目をみはるものがあります。数年後と言わず、1年後でも一段と進んでいることは間違いありません。いまFXを取引しているというのは、本当に恵まれていると思います。

口座情報

現在、ポートフォリオ休止中のため、昨年11月27日以降は変化ありません。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)