FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第267回:ユーロ/ドルのチャート分析

更新日:2014年5月14日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6月6日の「雇用統計LIVEセミナー」の申し込みが既に始まっています。

次回は恒例となりました阪谷氏をお迎えしての対談形式、皆さんと一緒に雇用統計の数字を見ながら進めていきます。お時間の合う方の参加をお待ちしております。

ユーロ/ドルのチャート分析

先週のECB理事会後のドラギ総裁記者会見で、追加緩和について早ければ6月という具体的な時期が示されたことをきっかけに、ユーロは対ドル、対円で続落しています。昨日の下げでユーロ/ドルはテクニカルに微妙な水準へと近づいてきましたので、今回はユーロ/ドルのチャート分析を行うこととしました。

まずは、長期の値動きを週足チャートでご覧ください。

※クリックで拡大できます

2012年1月末以降の週足チャートを見ると、非常に大きなウェッジ(くさび形)を形成しています。QCT+の自由直線で上側と下側にラインを引きましたが、高値、安値とも切り上げてきていることがわかります。さらに、2013年末以降は上側のラインはそのままに、下側の黄緑の実線をサポートとする小さなウェッジを形成し、現状はこの下側のラインに接しつつある段階です。

前者の大きなウェッジには下側のサポートラインまでまだ距離はあるものの、ウェッジを形成する前の2011年4月からの下降トレンド後のウェッジ、つまり下降ウェッジとなっているため、もし下側のラインを抜けると大きな下落を考えることとなります。現段階では、その中にある小さなウェッジを維持するかどうかが注目点となります。

次に、日足チャートをご覧ください。

※クリックで拡大できます

年初来のチャートに一目均衡表を重ねたものです。下側の緑の点線のサポートラインが週足チャートの小さなウェッジのサポートラインとなっています。昨日の下げで均衡表の雲を下回り、このサポートラインにまさに接してきていることがよくわかります。ここを下抜けると4月安値1.36729、2月末安値1.36431と1.36台には細かなサポートはあるものの、市場参加者のECB追加緩和思惑が広がる状況下においてはなんとも心もとないサポートと言わざるを得ません。

ウェッジのサポートラインを下抜けてくると細かなサポートを次々と下抜け年初来安値1.34772を目指す展開を考えることとなるでしょう。そして、仮にこの年初来安値1.34772をトライするような流れとなると今度は週足チャートに示した大きなウェッジのサポートラインに近づきます。

これまで1.39台に乗せ1.40の大台を見ることなく今回の下げを見てきたことを考えると、小さなウェッジのサポートを下抜け、まずは1.35の大台と年初来安値をトライする可能性がかなり高まっていますので、今週のユーロ/ドルはまさに正念場にあると言えるでしょう。

口座情報

現在、ポートフォリオ休止中のため、昨年11月27日以降は変化ありません。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)