FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第254回:プログレッシブチャート(7)

更新日:2014年2月12日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

週末の雪は凄まじかったですね。都心部における27pの積雪は45年ぶり!だとか。私もいまひとつ記憶が定かではありませんが、多くの読者の方はまだ生まれてもいなかった頃のことです。日曜は家族を送りに成田空港に行く必要があったのですが、高速も電車も動いていなかったため、下道をスタッドレスで向かいました。しかし、夏タイヤでスタックしている車なども影響して、道が大渋滞・・5時間過ぎて半分も進まずにフライトをキャンセル、昨日に変更して出直しというとんでもない目に遭いました。まあ、45年ぶりの大雪では仕方ないことですが、首都圏の交通網は雪に弱いことを改めて感じさせられました。

プログレッシブチャート(7)

先週はドル円の状況をテクニカルな面から見ましたので、今週は先々週に予告した「カギ足」の紹介となります。

「カギ足」も日本で開発された非時系列系のチャートです。このカギ足も古くから使われていた手法で、大正から戦前にかけて一般的に使われたチャートのひとつです。

カギ足はポイント&フィギュア(以下、P&F)とよく似たチャートで、上昇時は上、下降時は下に線を延ばし、動きが継続している間は同方向に線を延ばしていくこととなります。そして、一定の値幅分を反転した場合、反対方向に反転して線を書き、それら縦線どうしを横線で結び、チャートを書いていくことになります。

まずは、カギ足とP&Fを並べてみてみます。

※クリックで拡大できます

上がカギ足、下がP&Fですがドル円30分足をベースに引いた直近5日間のチャートとなっていますので形状が非常によく似ています。プログレッシブチャートでは、カギ足はパーセント指定に対して、P&Fがポイント指定となっていますので、カギ足では0.1%(約10銭)、P&Fでは5銭の30分足ベースにおけるデフォルトの設定で表示しました。

読み方は、直前の高値、安値を抜けたところを売買シグナルと考え、またチャートパターンによる売買シグナルのバリエーションを考えるところなど、P&Fとまったく同様の見方となります。プログレッシブチャートでは、カギ足は上昇が赤、下降が青で表示されていますので、カギ足の場合、色が青から赤に変化したところが買いシグナル、赤から青に変化したところが売りシグナルと判断することが出来ます。

チャートパターンについては、サポートやレジスタンスのラインを引き、通常のチャートにおけるパターンとほぼ同様の読み方をします。つまり、リバーサル・パターンであるとか、コンティニュエイション・パターンといったチャートパターンを見つけることとなります。このあたりは、やや慣れも必要となりますので、非時系列系チャートの特徴である、売買シグナルを見つけやすいという点に着目して利用するのがおすすめです。

口座情報

現在、ポートフォリオ休止中のため、昨年11月27日以降は変化ありません。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)