FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第252回:プログレッシブチャート(6)

更新日:2014年1月29日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、
ミラートレーダーは、「セントラルミラートレーダー」の略、
FXダイレクト+は、「FXダイレクトプラス」の略です。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いよいよ来週末は2月「雇用統計LIVEセミナー」です。どなたでも参加できますが事前登録が必要です。お時間の合う方は以下のURLからお申込みください。

また今回からPCだけでなく、スマホ( iPhone / iPad 、Android )からの視聴も可能になりました。アプリのインストール方法や使い方などが以下のページに紹介されていますので併せてご参照ください。

プログレッシブチャート(6)

今週はチャートのタイプについてです。QCT+では、ローソク足、バーチャート、ラインチャート、平均足、ポイント&フィギュアの5種類を使うことが出来ましたが、プログレッシブチャートはそれらに加えて、「新値足」(非時系列、時系列)と「カギ足」を表示することが可能です。今回は「新値足」(非時系列、時系列)を紹介することにします。

新値足は、非時系列系チャートの代表であるポイント&フィギュアの日本版とも言えるチャートで、通常目にする新値足は非時系列の「新値3本足」です。非時系列というのは通常のチャートがひとつの時間に対してひとつの価格が対応しているのに対し、時間と価格が一対一で対応していないチャート全般を言います。非時系列チャートは時間軸を無視することで純粋に値動きのみを分析することに優れているチャートです。日本にはカギ足、新値足、練行足といったさまざまな非時系列チャートがありますが、今回はその中でも最も有名であろう「新値足」を見てみましょう。比較のため、通常のローソク足(日足チャート・期間1年)と新値3本足(日足ベース・期間1年)を並べて表示します。

※クリックで拡大できます

※クリックで拡大できます

新値3本足のほうが足が太く明らかに本数が少ないのがわかりますが、新値足は時間軸を無視していますのでそれぞれの足の間隔は不均等となっています。ここで新値3本足の書き方について説明しておきます。

新値3本足は、新高値の更新時に陽線、新安値の更新時に陰線を引き、動きが継続して高値を更新時(日足ベースでは1日単位)は、次の列に同種の陽線、陰線を引きます。そして、3本の足の長さ分を反対方向に動いた場合を反転と考え、次の列に陰転、陽転させた足を引きます。この陰転、陽転が売買シグナルということになるわけです。パラメータは通常3本ですが、より長く見るため5本を使うこともあります。

直近の例では、陽線3本(黄色の点線で囲った部分)の足の長さ分を下回った陰線の終値(黄色の矢印で示した足)が売りシグナルとなり、その後は陰線を継続していますが、仮に直近3本の陰線の足の長さ分を上回る値動き(104.26レベルへの上昇)があれば、そこで陽線を引くことになるわけです。

 


このように、どこで流れが変わったかを見るのに優れた手法で、ここ数年は海外のトレーダーの間でもユーザーが着実に増えている印象です。

なお、新値足(時系列)は時間軸を表現するために、足の幅を調整することで日足チャートと同じようなチャートとしていますがあまり一般的とは言えません。参考までに上記の部分(陽線6本、陰線4本)を新値足(時系列)で書くと以下のようになります。

こうした足の太さを変える手法は時間を表現したり、出来高を表現したりと色々な用途に使われますが、チャートの見やすさという点では悩ましいところだと思います。

次回は、カギ足を紹介します。

口座情報

現在、ポートフォリオ休止中のため、昨年11月27日以降は変化ありません。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)