FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2013年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第211回:ストラテジ多様化(通貨ペア)・2週目

更新日:2013年4月10日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、ミラートレーダーとは、「セントラルミラートレーダー」の略です。)

先週金曜は初の試みとなった『米国雇用統計LIVEセミナー』に多くの方にご参加いただきありがとうございました。初回ということで、数字が出る前に経済指標等、相場を動かす要因について簡単にまとめ、また指標後は引けにかけてどのように反応する可能性が高いのか、短期的な方向性についてお話しさせていただきました。

以下のページでオンディマンドをご覧になることが出来ます。

参考になる点もあると思いますので、参加されなかった方は一度ご覧いただければ幸いです。また、次回は5月3日(金)とGW中となりますが、第2回目の『米国雇用統計LIVEセミナー』を実施予定です。どなたでも参加することが出来ますので、来週16日のミラートレーダー・セミナーと併せて多くの方の参加をお待ちしております。

ミラートレーダーのレビューと今週のポートフォリオ

この1週間は以下のストラテジ(重複もあるので9本)を走らせました。

  • 「収益一点重視型」    Searching Talents(EURUSD)、fxniuniu(EURAUD)
  • 「高リスク高リターン型」    LazyRockstar(EURUSD)、4 Pairs_2(EURJPY)
  • 「バランス重視型」    Searching Talents(EURUSD)、OnTheRiver(CHFJPY)
  • 「低リスク安定型」    LazyRockstar(EURUSD)、ThirdBrainFX(GBPUSD)
  • 「短期売買型」     GL-FOREX(EURJPY)、London Call2(USDJPY)
  • 「じっくり売買型」    LazyRockstar(EURUSD)、RoadRunner(GBPJPY)

ストラテジのタイプはシストレ広場の6分類にもとづいています。左側にあるストラテジはシストレ広場のランキングから1位のものを、右側のストラテジは同じく10位以内からランキング1位と重ならないストラテジ(通貨ペアが異なっても)かつ通貨ペアの多様化の目的に合致するものを選択しました。

まず、過去7日間の口座資産の推移を見てみましょう。

今回は順調に口座資産残高が増えました。金曜の欧州市場以降、ミラートレーダーのシステムが世界的に止まるというトラブルも発生しましたが、特に問題は無かったようです。停止期間中の建玉については、再開時点でそのポジションが既に仕切られている場合には再開時のマーケットレートで仕切りの売買が自動的に行われ、そのポジションが浮いてしまうといったような問題が無いことも確認できたのは良かったです。

9本のストラテジの推移を2つに分けて表示します。

※クリックで拡大できます

赤い縦の点線で示した位置が先週の執筆時点となり、各ストラテジで見ると資産を増やしているもの、減らしているもの、変わらないものとそれぞれですが、全体として増やしたということでストラテジの組み合わせによるポートフォリオの効果が出たと言えそうです。

さて、今週からはシストレ広場のストラテジ6分類のランキングから10位以内のストラテジを通貨ペアの分散を考え、また中期的な運用を目指すために10位以内に残っていれば積極的には入れ替えない方針とします。ただし、10位から転落した場合と収益曲線が明らかに悪化し始めた際には入れ替えることとします。

また、シストレ広場のスタッフコラムを読んでいただくとわかりますが、ミラートレーダーの場合、ポートフォリオのタブに「ポジション倍率」という数値があります。

この数値を20前後とすることもポートフォリオを組む際の参考とします。この数字が15〜20程度がポートフォリオとしての適切な数値と言われますので、安全圏内での数値上限である20を目標倍率として、ストラテジ数を調節します。

それでは、今週の各タイプ10位以内のストラテジをチェックしましょう。まず、前回1位のストラテジからチェックです。

  • 「収益一点重視型」
    Searching Talents(EURUSD)  ⇒  1位のまま
  • 「高リスク高リターン型」
    LazyRockstar(EURUSD)  ⇒  3位に留まっています
  • 「バランス重視型」
    Searching Talents(EURUSD)  ⇒  1位のまま
  • 「低リスク安定型」
    LazyRockstar(EURUSD)  ⇒  2位に留まっています
  • 「短期売買型」
    GL-FOREX(EURJPY)  ⇒  2位に留まっています
  • 「じっくり売買型」
    LazyRockstar(EURUSD)  ⇒  圏外へ

次に、前回追加した通貨ペア多様化のためのストラテジをチェックします。

  • 「収益一点重視型」
    fxniuniu(EURAUD)  ⇒  圏外へ
  • 「高リスク高リターン型」
    4 Pairs_2(EURJPY)  ⇒  圏外へ
  • 「バランス重視型」
    OnTheRiver(CHFJPY)  ⇒  6位に留まっています
  • 「低リスク安定型」
    ThirdBrainFX(GBPUSD)  ⇒  圏外へ
  • 「短期売買型」
    London Call2(USDJPY)  ⇒  4位に留まっています
  • 「じっくり売買型」
    RoadRunner(GBPJPY)  ⇒  圏外へ

4つのストラテジが圏外へと消えましたので、この4つのストラテジを落とすとポジション倍率が以下のようになります。

そこで、まず両者ともストラテジが圏外に消えた「じっくり売買型」から補充していきます。ここでは1位のExoticFX(EURAUD)を選択します。次に「高リスク高リターン型」のストラテジが「低リスク安定型」とかぶっていることを考慮してこのタイプから選択します。ここでも1位のPipRancher(GBPUSD)を選択します。「低リスク安定型」からも補充しましょう。5位のSystemFifo(NZDUSD)を選択します。ここまででポジション倍率は19.22と目標の20に近づきました。

今週は以下の8本のストラテジを選択することとなりました。(斜体は重複ポジション)

  • 「収益一点重視型」
    Searching Talents(EURUSD)
  • 「高リスク高リターン型」
    LazyRockstar(EURUSD)、PipRancher(GBPUSD)
  • 「バランス重視型」
    Searching Talents(EURUSD)、OnTheRiver(CHFJPY)
  • 「低リスク安定型」
    LazyRockstar(EURUSD)、SystemFifo(NZDUSD)
  • 「短期売買型」
    GL-FOREX(EURJPY)、London Call2(USDJPY)
  • 「じっくり売買型」
    ExoticFX(EURAUD)

各ストラテジの現状を4つずつ2つに分けて表示してみましょう。

※クリックで拡大できます

来週以降もポートフォリオに調整を加えつつ見ていくことにします。

口座情報

口座情報の変化は以下の通りです。

※クリックで拡大できます

ポートフォリオ内のストラテジ入れ替えが終わった段階(圏外に消えたストラテジの建玉はマニュアル決済)の数字です。132,678円→141,911円ということで変化は+9,233円となりました。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)