FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2013年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第208回:ミラートレーダーのストラテジ多様化

更新日:2013年3月21日

(文中のQCT+は、「クイックチャート・トレードプラス」の略、ミラートレーダーとは、「セントラルミラートレーダー」の略です。)

東京は暖かい日が続いたせいか桜もかなり開いてきました。既に満開に近い場所もあるでしょうが、この週末が見頃とのこと。例年に比べるとだいぶ早い印象ですが、たしかに家から見ても景色がだいぶ桜色になってきています。お天気に恵まれたら近所に花見に行ってみようと思います。

QCT+のレビューと今週のポートフォリオ

まずはQCT+のポートフォリオのチェックからスタートです。この1週間は以下のストラテジを走らせました。

  • GBPJPY「一目MA売り Ver.1」売り 30分足(継続)
  • EURJPY「Double MA Ver.1」買い10分足(復活)
  • USDJPY「グランビル2 Ver.1」買い30分足(継続)
  • EURUSD「MACD売り Ver.1」売り 1時間足(継続)
  • USDJPY「3MA Long Ver.1」買い30分足(復活)

いつも通り、取引履歴から損益グラフを確認し左側のサマリー部分をチェックしていきます。(左側からストラテジを上から順に並べてあります。)

※クリックで拡大できます

・売買回数=49回(勝ち30回、負け19回)
・勝率=61.2%
・総損益=−112.0Pips
・利益損失比=0.90
(総利益999.8Pips、総損失−1,111.8Pips)
・平均利益損失比=0.57(平均利益33.3Pips、平均損失−58.5Pips)
・最大損失=−249.9Pips EURJPY「Double MA Ver.1」買い

今週もEURUSDがありますので、EURUSDのpips換算には本日の始値(96.025)を使い合算しました。今週はEURJPY「Double MA Ver.1」で大きな最大損失が出ていますが、これは週初のキプロス支援問題で大きくギャップを空けて始まったことによるものです。

年に何回かはこうした事件に直面し、損益が良くも悪くも振れることとなりますので(不思議と損失につながることが多いものです・・)、週末のリスクを避けたい場合には週末前にポジションを閉じておくというのもひとつの考え方です。

さて、これまでQCT+のポートフォリオを長い間走らせてきましたが、いったんQCT+のポートフォリオをクリアにして、ミラートレーダーのポートフォリオに専念してみることにします。

FXダイレクトプラスの証拠金は当初10万円からスタートしましたが、ミラートレーダーにその内の6万円を移管しましたので、実質的には4万円が当初証拠金の金額となります。

※クリックで拡大できます

現状、ポジションは一切立てていませんので、38,646円がFXダイレクトプラスの証拠金額となり、4万円との差となる「−1,354円」が長期間の実際の損益ということで、ほぼプラマイゼロという結果でいったん止めることとします。なお、38,646円のほとんどをミラートレーダーに振り替えることとします。(口座情報参照)

ミラートレーダーのレビューと今週のポートフォリオ

次にミラートレーダーのポートフォリオです。まずは、過去7日間の口座資産の推移から。

既にQCT+の項で口座清算価値を示してますので予想通りですが、減っています。

これまで3週間走らせていた変形「バランス重視型」ポートフォリオは、以下のストラテジの合成です。組み合わせた損益曲線も下部に表示。

※クリックで拡大できます

どう考えてもこのままの状態を維持するのはあまり賢明とは思えません。収益が右肩下がりになっている、ExoticFX(CHFJPY)とSphynx(GBPUSD)のストラテジを外し、System4P(EURUSD)のみを残します。

次に、ポートフォリオ内のストラテジを最大5つ程度まで増やすことを前提に、シストレ広場のストラテジ・ランキングから全カテゴリーで30日における第1位のストラテジを見てみることとします。

「収益一点重視型」と「バランス重視型」は、先ほど残したSystem4P(EURUSD)でしたので、そのまま継続して様子を見ることとしましょう。また、「高リスク高リターン型」と「じっくり売買型」はIntervention(USDJPY)、「低リスク安定型」はThirdBrainFX(EURAUD)、「短期売買型」はGL-FOREX(EURJPY)となっていました。

新たな3つのストラテジをミラートレーダーのポートフォリオに追加し、合計4つのストラテジによるポートフォリオとしてみます。

※クリックで拡大できます

損益曲線を見てみると各ストラテジ、合計で以下のようになっています。

※クリックで拡大できます

さあ、心機一転ポートフォリオに組み込むストラテジ自体を多様化して取り組んでみますが、来週は良い方向に変化するでしょうか。

口座情報

口座情報の変化は以下の通りです。

※クリックで拡大できます

今週も口座清算価値が5,930円減っていますが、QCT+の項に書いた通り、FXダイレクトプラスに646円残して残りをミラートレーダーの証拠金に振り替えました。つまり、これまでの1354円の合計損失額と合わせて2,000円をFXダイレクトプラスによる損失額と仮定し、10万円と2千円の差額である98,000円がミラートレーダーの当初証拠金額とします。

※クリックで拡大できます

すると、98,000円⇒80,793円ということでミラートレーダーによる累積損失は17,207円と考えることが出来ます。来週以降のスタートは上記の口座情報からの変化となります。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)