FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2013年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第201回:セントラルミラートレーダーとQCT+の違い

更新日:2013年1月30日

(文中のQCTは、「クイックチャート・トレード」の略、
QCT+とは、「クイックチャート・トレードプラス」の略です。 )


昨日「セントラルミラートレーダー活用術」(入門編)のオンラインセミナーを行いました。1回目ということで、ミラートレーダーの概要と簡単な操作方法を説明しましたが、2月19日にもシリーズ2回目のセミナーがあります。次回はポートフォリオをテーマに進めていきます。是非ご参加ください。

また「セントラルミラートレーダー」はまもなくの登場ですが、デモ取引は既に可能です。ライブ口座開設前に色々と試すよいチャンスですから、今のうちに操作方法に慣れておくとよいですね。

今回のマーケットビューでは、昨日のセミナーの中からミラートレーダーとQCT+の違いについてピックアップして説明したいと思います。

前回のレビュー

先週は以下のストラテジを走らせました。
*付は10分足、それ以外は30分足によるストラテジ)

  • USDJPY「3MA-Long Ver.1」(継続)
  • USDJPY「移動平均+RCI Ver.1」(継続)
  • EURJPY「Double MA Ver.1」(継続)*
  • EURJPY「移動平均3 Ver.1」(新規)
  • NZDJPY「Ichimoku Trend」(復活)

最初にこの1週間のパフォーマンスをチェックしてみましょう。

※クリックで拡大できます

左から順にUSDJPY「3MA-Long Ver.1」、USDJPY「移動平均+RCI Ver.1」、EURJPY「Double MA Ver.1」、EURJPY「移動平均3 Ver.1」、NZDJPY「Ichimoku Trend」となっています。全て対円取引なのでそのまま合算すると以下のようになります。

・売買回数=53回(勝ち35回、負け18回) 
・勝率=66.0%
・総損益=388.6Pips
・利益損失比=1.53
(総利益1,118.2Pips、総損失−729.6Pips)
・平均利益損失比=0.79(平均利益31.9Pips、平均損失−40.5Pips)
・最大損失=−67.2Pips  NZDJPY「Ichimoku Trend」

前回はポートフォリオとしてのパフォーマンスの伸びがややスローになっていましたが、再び好調さを取り戻してきたようです。

次に、今週の「いまトレランキング」における上位5位のストラテジを確認してみます。

※クリックで拡大できます

ストラテジに若干の変化が見られますが、上位3つのストラテジは変化がありません。4位と5位が入れ替わりUSDJPY「3MA-Long Ver.1」とNZDJPY「Ichimoku Trend」が退場、代わりにEURUSD「Oscillator X Ver.1」が復活、GBPJPY「一目MA売り Ver.1」が初登場です。クロス円での売りのストラテジがいまトレランキングに入ってきたというのはマーケットに変化が出始めてきたシグナルかもしれませんね。

セントラルミラートレーダーとQCT+の違い

冒頭で紹介した通り昨日のセミナーからセントラルミラートレーダー(以下、単にミラートレーダーと表記)とQCT+の違いについて主要なポイントを列挙してみます。

QCT+でも自動売買を行うことは可能ですし、ここマーケットビューでも複数ストラテジでポートフォリオを組んで走らせていますので、おそらく初心者方にとっては今度のミラートレーダーはQCT+と具体的に何が違うのかが気になるところだと思います。

決してミラートレーダーのほうが勝れているというわけではなく、それぞれに長所、短所がありますので、これからはそれぞれの特徴を理解して上手に使い分けていくことが賢いユーザーということになってくるかと思います。

一般的にミラートレーダーは初心者向きのシストレツールと言われます。この観点からミラートレーダーとQCT+の違いを見ていくことにしましょう。

1. 取引環境

(注意)
ライブでの取引環境については後日リリースされるはずですが、ここではデモ取引環境をベースに記述しています。

ミラートレーダー
フラッシュがインストールされたブラウザであれば、ほとんどすべてのブラウザで利用することが可能なので、Windowsの特定バージョン限定ではありません。また、取引がミラートレーダーのサーバー上で行われますので、利用しているPCのスイッチをオフにしても取引は継続されます。

QCT+
インストールタイプのシステムのため、Windows XP SP3以降のWindows環境が必須です。また、取引にあたりクライアント側から命令が実行されるため利用しているPCのスイッチをオフにできません。通常はVPSと組み合わせて取引を継続することとなります。

2. ストラテジの選択

ミラートレーダー
予め取引システムの中に世界中から集められた300以上のストラテジが登録されています。自分でストラテジを組んだり、ダウンロードすることなく気に入ったストラテジをワンクリックで選ぶだけですぐにシストレが開始できます。

QCT+
現在ではサンプルストラテジも豊富になり、シストレ広場でストラテジのパフォーマンスが公開されていますので、ハードルはかなり低くなりました。それでもストラテジをダウンロードしインポートする作業とそのストラテジを稼働させるまでには多少の慣れが必要です。しかし、その分圧倒的に自由度が高く中級者以上の方でしたらオリジナルのストラテジを検証し走らせることも可能です。

3. ポートフォリオの構築

ミラートレーダー
複数のストラテジを選択すると自動的にポートフォリオとして管理できる仕組みになっています。ポートフォリオとして合計の収益曲線を確認したり、それぞれのストラテジのパフォーマンス詳細を簡単にチェックすることが出来ます。

QCT+
複数のストラテジ(最大10)を走らせることでポートフォリオとしての運用は可能ですが、それらのポートフォリオ全体としての状況を確認するには自ら意識して計算等を行う必要があります。ただ、ステップアップのためにもこうした努力は無駄になることはありません。具体的な方法は現在マーケットビューで行っているので参照してください。


シストレという観点だけから主要な違いを比較してみましたが、初心者の方が初めてのシストレを行う環境としては非常に親しみやすいと思います。なお、裁量取引中心の方はスプレッドの点からもQCT+をはじめとするFXダイレクト+での取引のほうが有利ですし、人民元(CNH)/円も現状ではFXダイレクト+でのみ可能となっています。うまく使い分けていくことで一段とFX取引が楽しくなるでしょう。

現在のポートフォリオ

今週は以下の5本のストラテジを走らせることとなります。

  • USDJPY「3MA-Long Ver.1」(継続)
  • USDJPY「移動平均+RCI Ver.1」(継続)
  • EURJPY「Double MA Ver.1」(継続)*
  • EURUSD「Oscillator X Ver.1」(復活)*
  • GBPJPY「一目MA売り Ver.1」(新規)

なお、*の付いたストラテジは10分足によるストラテジ、それ以外は30分足によるストラテジとなります。

また、今回もストラテジ入れ替え時に残っていたポジションはQ決済にて落としましたので、一週間の証拠金残高の変化は以下の通りとなります。

※クリックで拡大できます

口座清算価値(評価損益を含む)の変化は+5,031円。良いパフォーマンスの一週間と言えるでしょう。

 

=======
連載内容についての質問はいつでも歓迎です。
シストレ広場 にて承りますので、積極的にご活用ください。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)