FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第105回:2本のEMAとP&F

更新日:2011年3月16日

先週の大震災において被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
いまだ安否不明となっている方も多くいらっしゃいますが、今朝の朝刊に90時間ぶりに救出という明るいニュースもありました。今は一人でも多くの方の生存をお祈りしたいと思います。

前回のレビュー

さて、前回は2本のEMAをフィルターにCCIを売買のタイミングとして考え、「ドルスイスでのドル買い」をおすすめ通貨ペアとしました。結果は見るまでもないのですが、その後の動きを見てみましょう。

ドルスイスでのドル買い

※チャートはクリックで拡大できます

緑矢印で示した足 (8日16時) でドル買いシグナルが出ており、グレーの縦カーソルが執筆時点 (9日正午頃) となります。執筆後に0.9367を付け、その後はじり安の展開を辿りました。週明けには逆にEMAがデッドクロス状態、CCIも−100へと到達し売りシグナルとなっています。今回の評価も×となりました。リベンジ失敗です・・・。

2本のEMAとP&F

今回も2本のEMAをフィルターにしてみようと思いますが、売買のきっかけにはP&F (ポイント&フィギュア) を使ってみます。
EMAは時系列系のチャート、P&Fは非時系列系のチャートとなりますが、2枚のチャートを表示して両者を比較しながら判断することにします。

チャートの種別も全く異なりますので、ここでは時間枠も異なったものを使ってみます。フィルターとして使うEMAは日足、売買のきっかけに使うP&Fは1時間ベースのものを使ってみましょう。
EMAのパラメータは、4日と9日の2本とし、P&Fについては1枠25ポイントとして表示してみます。

次のチャートは、上記設定としたドル円のチャートです。

ドル円 チャート

※チャートはクリックで拡大できます

左側が日足チャートと2本のEMA、右側が1時間ベースのP&Fです。左側のチャートではピンクの丸で囲ったところでデッド・クロスが起きています。確認できるのは14日月曜日の寄り付き時点となります。
次にP&Fを見ると、15日になり直前の●の枠 (81.50) をひとつ下回った81.25の枠 (ピンクの矢印) で売りシグナルとなっていることがわかります。
売買のシグナルについては、シンプルに直前の同種の枠 (× / ●) を1枠超えた枠をブレークアウト・タイプ (積極的な逆指値による順張り) の売買シグナルと考えることとします。なお、P&Fの概要については「第72回:ポイント・アンド・フィギュア入門」を併せてご参照いただければと思います。

時系列系と非時系列系を並べてみるのは見辛いのですが、QCT (クイックチャート・トレード) のP&Fではチャートの下部に日付と日付の変わった枠で区切りの線が付いていますので、レートを追っていけば比較的わかりやすいのではないでしょうか。

ひとつ気をつけなくてはならないのは、ザラ場の高値・安値ではなく1時間足の終値を使っていますので、1時間足の終値ベースで枠を更新したかどうかがチェックポイントとなる点です。場合によっては1時間足のチャートも出しておくとわかりやすいかもしれません。

このように、

  •  買い:4日EMA>9日EMAの状態で、P&Fが買いシグナル
  •  売り:4日EMA<9日EMAの状態で、P&Fが売りシグナル

という条件で、主要通貨ペアの状態を見て行きます。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

15日に81.25でドル売り

ユーロ円

(1.4025でユーロ買いとなる可能性)

ユーロドル

 

ポンド円

(129.25でポンド売りとなる可能性)

ポンドドル

 

スイス円

(87.50でスイス売りとなる可能性)

ドルスイス

11日0.9275でドル売り

実際にシグナルが出ている通貨ペアがドル円と、ドルスイス、そして3つの通貨ペアでフィルター条件が変わらない場合、枠の更新で売買シグナルが出る可能性があります。

今回は、ドル円で比較的直近に売買シグナルが出ていますので、「ドル円でのドル売り」をおすすめ通貨ペアとします。なお、P&Fの枠が反転し×印が付いたら(3枠反転の状態となったら)、いったん仕切ることになります。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)