FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第104回:2本のEMAとCCI

更新日:2011年3月9日

毎年この季節は花粉症の人にはつらい季節ですね。今年も薬を飲み始めて10日ほど経ちますが、薬を飲んでいると鼻水や目のかゆみはかなり緩和されるものの、眠気がいけません。午後なんとなく眠くなったりして、明らかに生産性が低下します。眠くなりにくい薬も飲んだことがあるのですが、効き目がいまひとつでした。眠気などの副作用が全く無く、しかも効く薬の登場を願いたいものです。

前回のレビュー

さて、前回はMACDでしたがシグナルを使わず、MACDのゼロライン・クロスのみを見るシンプルな手法でした。先週は、おすすめ通貨ペアを「ユーロポンドのユーロ売り」としましたが、その後の動きを見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

前回執筆時点がグレーの縦カーソルで示した8時間足です。赤丸で示した場所がゼロライン・クロス (下抜け) で赤の矢印が売りシグナルの出た足となりますが、執筆直後に逆方向のゼロライン・クロス (上抜け) が起きて買いシグナルとなってしまいました。その後は買いシグナルの方向へとじり高の展開、今回の評価は×ですね。

これまでもそうですが、執筆後に逆のシグナルが出ることもありますので、必ずチャートのチェックもするようにお願いいたします。

2本のEMAとCCI

今回は2本のEMAをフィルターにCCIを売買のタイミングに使う方法を考えてみます。先週のMACDもEMAの派生指標ですから、今週はEMAをフィルターに使ってリベンジをしようという考えです。

考え方としてはシンプルなのですが、2本のEMA (短期線=7期間、長期線=14期間) の位置関係をフィルターとします。そしてCCIの使い方はシンプルに、「第63回:CCI」で紹介した±100に到達した時点で順張り売買を行うことを考えます。

ただし、EMAのゴールデン・クロス、デッド・クロスが起きた段階でCCIが±200を超えている場合は見送りとし、その場合はいったん±100以内に収まるのを待ってから、±100に到達した時点で順張り売買を行います。まとめておきましょう。

  • 買い:7期間EMA > 14期間EMAの状態でCCIが+100に到達
  • 売り:7期間EMA < 14期間EMAの状態でCCIが−100に到達

例として、ドル円8時間足チャートをご覧ください。

※チャートはクリックで拡大できます

直近の動きを見ると黄緑の矢印 (→) で示したところが7期間EMA > 14期間EMAの場所です。ところが、ゴールデン・クロスが起きた時点で既にCCIは200を超えていますので、CCIが100以下に収まり再び100を超えた位置が青い丸で示したところ (ローソク足も青で囲ってあります) となり、このポイントがドル買いとなります。

今回もシンプルな手法ですが、「見送り」を加えることで、なるべくダマシにあいにくいようにしてみました。それでは、8時間足で直近 (今週) に売買シグナルが出ている通貨ペアを探してみることにします。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

8日16時でドル買い

ユーロ円

 

ユーロドル

 

ポンド円

 

ポンドドル

 

スイス円

 

ドルスイス

8日16時でドル買い

ドル円とドルスイスでそれぞれ昨日16時の8時間足でドル買いシグナルが出ています。

スイスフランは、中東情勢を受けて買いが集まっていましたが、昨日のOPEC増産のニュースを受けて利食い売りが出ています。中東情勢が安定する願いも込めて、今回は「ドルスイスでのドル買い」をおすすめ通貨ペアとします。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト 外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)