FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第87回:かんたんエディタQ

更新日:2010年11月10日

先週末の会場セミナーに来ていただいた皆様、ありがとうございました。今週は、金曜にもオンラインセミナーがあります。口座開設者の方は、よろしければ是非ご参加ください。今回のテーマは「ポイント・アンド・フィギア」となります。

前回のレビュー

前回も、ローソク足パターンから天井圏や底値圏で出やすい足型として「十字線」を紹介しました。「はらみ」同様にRSIをフィルターとして、前週と同じ「ポンドドルでのポンド売り」をおすすめ通貨ペアとしましたので、その後の動き8時間足で見てみましょう。

ポンドドルでのポンド売り

※チャートはクリックで拡大できます

前回も、条件的にはRSIが買われ過ぎとは言えない水準でしたが、十字線のパターンが出てから (赤丸で囲んだ「はらみ」) 、執筆時点 (11月4日午前、縦の点線カーソルのローソク足) まであまり時間も経っていないので状況としては興味深いものでした。
しかし、その後1.6300まで一上げあり、下げたのはそこから。昨日は1.60を割れる動きとなったもののローソク足のパターンよりも、シンプルに上昇チャネル (青線で示した平行ライン) を下抜けた要素の方が大きかったようです。今回は×に近い△ではありますが、△の評価としておきます。

かんたんエディタQ

さて、今回は新たにリリースされた凄いツール「かんたんエディタQ」を見てみましょう。「かんたんエディタQ」は11月8日にデモ取引システムFX1で先行リリースされたツールですが、コードを書くことなくメニューから売買パターンを選択していくだけで簡単にオリジナルの売買プログラムを作ることが可能になります。

以下のページに「かんたんエディタQ」の紹介が載っています。

  • かんたんエディタQの特長

まずは、このページで使い方を確認してから操作してみることをおすすめします。ただ、今回はデモ取引システムですから、思い切って色々なことを試してみるといいのではないでしょうか。「QCY・デモ版」と「かんたんエディタQ」の利用はFX1のサイトをご覧ください。

なお、通常の取引システムがインストールされていてもデモ版をインストールして操作することは可能です (同時起動は不可) 。すでに、QCTをお使いの方も、売買プログラムの実験用にインストールしておくのもよさそうです。

それでは実際に使い方も説明しながら、かんたんエディタQを使って移動平均線の売買プログラムを作ってみましょう。

デモ版を起動し、売買シグナルメニューから「かんたんエディタQ」を選ぶとブラウザがポップアップで開きます。表示のされ方もiPadの本をめくっているような感じで凝っています。ここで、新規作成をクリックすると以下のような画面となり、ここで売買のエントリー条件、利益確定条件、損失確定条件をメニューから選ぶことが出来るわけです。

かんたんエディタQ

今回は「かんたんエディタQ」の紹介ということで、単純なルールをひとつだけ作成してみましょう。

●短期線を3日、長期線を9日として、ゴールデンクロス (以下、GC) で買う。
●利食いは2%、損切は0.5%。

これだけです。設定画面の右側で各条件のタブを選び、左側から上記のルールに沿ったものを選んでいくだけです。最後にストラテジを登録して、PCのデスクトップにエクスポート、そしてデモ版売買シグナルメニューから自動売買検証ストラテジエディタからインポートするだけです。
ここまで、売買シグナルのコードについては一切気にせずに進められます。

実際に、全通貨ペアで直近100本の日足でバックテストしてみましょう。すると131の買いシグナルがあることがわかります。100本の全通貨ペアの損益グラフのみ示しておきます。

※チャートはクリックで拡大できます

適当に作ったサンプルなので仕方ないですが、パフォーマンスはイマイチです。ただ9月以降はまあまあといったところでしょうか。今回は直近に売買シグナルが出ている通貨ペアは主要通貨にはありませんでしたが、豪ドル/NZドルでGCが出ていることがわかります。

※チャートはクリックで拡大できます

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

 

ユーロ円

 

ユーロドル

 

ポンド円

 

ポンドドル

 

スイス円

 

ドルスイス

 

ということで、「豪ドル/NZドルでの豪ドル買い」をおすすめ通貨ペアとしますが、今回はあくまでもサンプルで作ったストラテジを使っていますので、その点だけはご注意ください。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト 外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)