FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第66回:ストキャスティクス

更新日:2010年6月16日

FIFAワールドカップが始まりましたが、日本の初戦は勝利!初戦で勝利すると1次リーグ突破の可能性が高いとか。頑張って欲しいですね。ちなみに、ワールドカップ開催期間中は欧州のトレーダーは為替相場どころではなさそうです。

前回のレビュー

前回は上位時間枠の考え方から、週足でのGC(ゴールデンクロス)/DC(デッドクロス)をフィルターに、日足でのGC/DCを売買指標として、「ポンド円とポンドドルでのポンド売り」をおすすめ通貨ペアとしました。その後の両通貨ペアの動きをチャート(日足)で追ってみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

いつも通り白い縦線のカーソルが前回執筆日(6月9日)で、売りシグナル(DC)が出たのが7日です。しかし、ポンドは対円、対ドルとも上昇を続け、まず対ドルで10日に、対円でも11日にGCとなり、売りシグナルを否定するシグナルが出てしまいました。値動きもその通りで、どちらも強い地合いを続けています。今回の評価は×です。

このように、途中で全く逆のシグナルが発生することもありますので、皆さんには実際にその後の動きもチャートで追っていただければと思います。

ストキャスティクス

先日バックナンバーで書いた内容を見ていたら、ストキャスティクスの普通の使い方が無いことに気付きました。第10回では%KをADXとの組み合わせで紹介し、第11回では%Dのダイバージェンスを紹介しているのですが、今回は今更ではありますが、一般的なストキャスティクスの見方について説明を加えておこうと思います。

ストキャスティクスの見方としては、およそ以下の4つが一般的です。

  •  1. %Kあるいは%Dの1本で買われ過ぎ(OB)、売られ過ぎ(OS)を判断する
  •  2. 水準に関係なく%Kと%DのGC
  •  3. OSゾーンのGCで買い、OBゾーンのDCで売り
  •  4. ダイバージェンス

また、ここでは%K、%Dと書きましたが、クイックチャート・トレードの設定画面を見ていただくとさらにSD(Slow %D)というものがあります。通常、ファースト・ストキャスティクスと呼ばれるものでは%Kと%Dを参照し、スロー・ストキャスティクスと呼ばれるものでは%DとSDを参照します。上記、1〜4も%Kを%Dに、%DをSDに読み替えていただければよいわけです。

さて、この中で最もよく使われるのが「3 . OSゾーンのGCで買い、OBゾーンのDCで売り」ですが、OSとOBの水準としてはそれぞれ20〜30%以下と70〜80%以上を使います。今回は間をとって、25%と75%を使い、またストキャスティクスはパラメータに5と5を使ったスロー・ストキャスティクスを参照することとします。

まずはドル円日足チャートにスロー・ストキャスティクスを表示したチャートをご覧ください。

※チャートはクリックで拡大できます

赤い丸で囲ったのが売りシグナル(OBゾーンでのDC)、緑の丸で囲ったのが買いシグナル(OSゾーンでのGC)となっています。見方自体は簡単ですね。

それでは、この方法で日足チャートに売買シグナルが出ている通貨ペアを探してみることにしましょう。(6月以降のシグナルを表示)

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

 

ユーロ円

 

ユーロドル

10日にユーロ買いシグナル

ポンド円

 

ポンドドル

 

スイス円

 

ドルスイス

 

例によって目立ったものがありません。10日に出たユーロドルでのユーロ買いシグナルが唯一ですので、全通貨ペアに広げて見てみることにします。ユーロポンドとユーロスイスで同様に10日にユーロ買いシグナルが出ていましたが、あまりフレッシュな感じがしません。あえて選ぶとなると、シグナルが出てからの動きが比較的緩やかなユーロポンドでしょうか。ということで、今回は「ユーロポンドでのユーロ買い」をおすすめ通貨ペアとします。


連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)