FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第64回:一目均衡表のパラメータ

更新日:2010年6月2日

ユーロは相変わらずの状態で昨日は年初来の安値を更新、なかなか買える地合いには転じてきません。ただ、国内に目を向けても鳩山首相辞任の話が出てますし、買える通貨が無い状態ですね・・しばらくは、弱いものイジメ的な相場が続きそうです。

前回のレビュー

さて、前回はCCIを標準的な使い方でもって「ポンドスイスでのポンド買い」をおすすめ通貨ペアとしました。その後の動きをチャートで見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

白い縦線のカーソルが前回執筆日(5月26日)で、買いシグナルが出たのがピンクの矢印で示した24日です。執筆日以降もユーロクロスでポンド買いが入ったり、また昨日は英プルーデンシャルの買収難航(?)の話でポンドドルの買いが入ったりと、材料的にもポンドの好材料が目立つ一週間でした。執筆時点で1.66台後半だったポンドスイスは昨日は1.70台まで上昇していますので、今回の評価も○でよいでしょう。

一目均衡表のパラメータ

今回は一目均衡表です。均衡表はこれまでにも、第13回、第23回、第40回でも扱ったテーマですが、今回は均衡表のパラメータを取り上げてみたいと思います。

移動平均線等ではよく使われる数値はあるものの、パラメータにいくつを使うのかは誰しも一度は考えることだと思いますが、こと均衡表に関しては転換線=9、基準線=26、先行スパン=52という数値をほとんどの人がそのまま使っていることが多いかと思います。そのため、均衡表を見る場合にはこれらのパラメータをいじることは他の人と違うチャートを見ることとなり、あまりお勧めは出来ない面もあります。

しかし、海外のトレーダーの間では、均衡表のパラメータを若干短くして使う人がそれなりにいることも事実です。根拠としては、均衡表が使われていた当時の株式市場は土曜日も場が立っていて、一か月の取引日が約26日であったのに対して、現在は約21日であるということが大きいかと思われます。そこで、これらの人は転換線=7、基準線=21(あるいは22)、先行スパン=42(あるいは44)といったパラメータを使います。

実際に、一般的なパラメータの均衡表と、パラメータを短くした均衡表とでユーロドルの日足を比べてみることにしましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

※チャートはクリックで拡大できます

こうして比べてみると、全体の形は似ているものの細かな部分で違いがあることがわかります。カーソルの併せてある6月1日の転換線や基準線の数値が違うことはすぐにわかりますし、またパラメータを短期にしたことで、4月に転換線と基準線の好転、逆転が起きたりしていることもわかります。

個人的には標準のパラメータでいいとは思いますが、たまには視点を変えて海外で人気のある(?)短期パラメータを使った売買タイミングを見てみるのもよいかもしれません。今回は転換線と基準線の好転(=ゴールデンクロス)、逆転(=デッドクロス)を見て、売買シグナルの判断をしてみることとします。

上のユーロドルのサンプルチャートでは、4月22日にユーロ売りのシグナルが出たままということになります。まずは、直近で売買シグナルが出ている通貨ペアをがあるかどうかから見て行きます。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

5月20日にドル売り

ユーロ円

4月23日にユーロ売り

ユーロドル

4月22日にユーロ売り

ポンド円

5月6日にポンド売り

ポンドドル

4月29日にポンド売り

スイス円

4月20日にスイス売り

ドルスイス

4月21日にドル買い

もともと転換線と基準線を日足で見た場合、比較的長めのタームでのシグナルが出るため、主要通貨では直近にシグナルが出ているものがありません。今回も他のチャートを見たところ、ユーロスイスが唯一、6月1日でシグナルが出ていました。

ユーロスイスの転換線と基準線が逆転したことから、今回は「ユーロスイスでのユーロ売り」をおすすめ通貨ペアとします。


連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)