FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第63回:CCI

更新日:2010年5月26日

為替市場は振れる日が続いていますが、円に地政学的影響がある朝鮮半島情勢が不穏になってきました。さすがに、北朝鮮もいきなり戦争を起こさないと思いますが、天安事件を考えると以前よりも危ない方向になっているかもしれません。既に、韓国ウォン安の動きはありますので、クロス円を中心とした円高地合いの中、またややこしい材料が出てきた感じです。

前回のレビュー

さて、前回は2組のDMIを使って、長期DMIをフィルターに、短期DMIで売買のタイミングを計り、ややタイミングとしては遅いものの「NZドル・ドルでのNZドル売り」をおすすめ通貨ペアとしました。その後の動きをチャートで見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

白い縦線のカーソルが前回執筆日(5月19日)ですが、売りシグナルが出たのは赤い矢印で示した14日です。先週以降の動きを見ると、下げの勢いはさすがに弱まっているものの昨日25日には一時0.6557レベルの安値を付けています。執筆日の午後に0.68台後半で推移していたことを考えると、今回の評価は○でよいですね。いったん、シグナルが消えた後の再エントリーで、しかもやや遅かった割にはまともな結果となりました。

CCI

今回はCCIです。以前、第9回でCCIを扱った時には、デュアルCCIによるゼロ・ライン・リジェクトという手法を紹介しました。考えてみたら、一般的なCCIの使い方はまだ紹介したことがありませんでしたので、今回は一般的なCCIの使い方による売買手法を考えてみましょう。

CCIは、一般的にはゼロ・ラインを中心に±100を超えたら順張りで入るトレンドフォローの手法が一般的です。今回はこの考え方をベースに、仕切りは再び±100に戻ってきた時点という考え方を取ってみましょう。使うパラメータは14日とし、この14日CCIと±100ラインとの位置関係を仕掛けと仕切りのポイントと判断します。ただし、急激にCCIが変化して±100も±200も同時に超えるようなケース(5月5日+56.76 → 5月6日−244.39)では見送りとします。

ドル円日足チャートをご覧ください。わかりやすいように±100の位置に黄色の線を引いてあります。

※チャートはクリックで拡大できます

このチャートにおいて、「緑の上向きの矢印=+100ラインの上抜け=新規の買い」(2度目は再エントリーの買い)、「緑の下向きの矢印=+100ラインへの戻り=仕切りの売り」を示しており、現在は「赤の下向きの矢印=−100ラインの下抜け=新規の売り」の状態が続いているということになります。

今回は、この考え方でもって直近に売買シグナルが出ている通貨ペアがあるかどうかを探してみることにします。本当はシグナルの位置を明確にするため、売買シグナル機能を使ってCCIの±100を表示させようと思ったのですが、条件式(指標)の選択肢の中にCCIがありませんので、カーソルで確認しながらチェックすることにしましょう。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

ドル売り継続中(サンプルチャート参照)

ユーロ円

25日にユーロ売り
(再エントリーの状態。どちらかというと中立に近い)

ユーロドル

中立

ポンド円

25日にポンド売り
(再エントリーの状態。どちらかというと中立に近い)

ポンドドル

中立

スイス円

14日にスイス売り

ドルスイス

14日にドル買い

主要通貨ではユーロ円とポンド円が25日に再エントリーの売りシグナルが出ていますが、カッコ内に書いた通りで、あまり積極的にすすめられるチャートではありません。そこで他のチャートも見たところ、ポンドスイスが比較的初期状態の買いシグナル(24日)となっています。

ということで、多少の押しも入りましたし、今回は「ポンドスイスでのポンド買い」をおすすめ通貨ペアとします。
(もし、次回までに+100を下回ったら仕切りとなります。)


連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)