FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第57回:MAの上・下ブレイク (1本の移動平均線)

更新日:2010年4月14日

暖かかったり寒かったりで体調を崩しやすいですね。気候のせいか珍しく風邪をひいて抜けきれない状態でしたが、ここ数日の暖かさでようやく調子が戻ってきました。

カスタマイズした拡張ファイルが何故か今週はうまく立ち上がりませんでした。同じトラブルが発生した方向けに対応したファイルを上げてあります。
WEB取引システム内からファイルのダウンロード先と解凍パスワードをご確認ください。

前回のレビュー

さて前回も売買シグナル機能を使ったRSIの紹介でしたが、「RSIの50ライン抜け」による順張り手法を紹介し、パラメータは14日の計算による45/55として「ドルスイスでのドル買い」をおすすめ通貨ペアとしました。シグナルが出たのが5日とやや後追い的でしたがその後のドルスイスの動きをシグナル機能の画面とともに見てみます。

※チャートはクリックで拡大できます

シグナルが出た5日をピンクの点線で囲い、執筆日はいつも通り白い縦線のカーソルの日です。シグナルが出た日のドルスイスの終値は1.0618、執筆日の正午時点で既に1.0692まで上昇していましたが、翌8日にはLDN市場で1.0783まで上昇しました。その後は下落に転じていますが、9日のLDN市場までは執筆時点を上回っていたということで、短命ではありましたが、○の評価でよいかと思います。やはり、RSIのようなオシレータでもちょっと使い方を変えて順張りで使った方が良い結果となることが多い感触です。

MAの上・下ブレイク

さて今回も売買シグナルから取り上げてみます。MA(移動平均線)の上・下ブレイクです。これは以前にも取り上げた1本の移動平均線(第31回参照)と同じものです。シグナル条件のデフォルトでは1分足チャートとなっていますので、シグナル条件の編集画面で、1分足を日足に変えてみましょう。この変更はプルダウンメニューですから簡単です。

またMAの上・下ブレイクはその言葉通り1本の移動平均線(今回は21日移動平均線)を終値で上抜けたら買い、下抜けたら売りという単純なものです。ドル円チャートをご覧ください。

※チャートはクリックで拡大できます

たしかに移動平均線の上抜けのところに「MA上ブレイク」、下抜けのところに「MA下ブレイク」と売買シグナルが出ていることがわかります。ここで問題となってくるのはキツイだましです。2月上旬をご覧ください。MA上ブレイクの翌日にMA下ブレイクとなっており、とんでもない往復ビンタを食らっています。第31回ではこうしただましを減らすフィルターとして移動平均線の傾きに沿った上抜けと下抜けを採用しました。

今回は別のフィルターとして、2日続けてブレイクした時点で売買シグナルと考えるというしばりを加えてみます。

  •  買い: 終値が21日移動平均線を2日続けて上回った時点で買い
  •  売り: 終値が21日移動平均線を2日続けて下回った時点で売り

テクニカル分析にだましは常につきまとうやっかいな問題ですが、このようにフィルターを加えることで、ややタイムラグは発生するものの2月上旬のような激しいだましは回避できることになります。

あまり難しいルールではありませんので、早速主要通貨ペアの状況を見ていくことにしましょう。参考までに直近だけでなく、いつ「2日続けて」の状態になったのか日付も書いていくことにします。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

上ブレイク(3月11日)

ユーロ円

上ブレイク(3月25日)

ユーロドル

上ブレイク(4月13日)

ポンド円

上ブレイク(3月25日)

ポンドドル

上ブレイク(3月31日)

スイス円

上ブレイク(3月8日)

ドルスイス

下ブレイク(4月13日)

こうして見ると、ユーロドルとドルスイスにおいて4月13日にドル売り方向のシグナルが出ていることがわかります(12日に上ブレイク、13日もその状態を維持していることがサンプルチャートからわかります)。ただ、ユーロはギリシャ救済策が合意にいたったのに対し、スイスは中銀のスイス売り介入が不安材料です。
それらを考慮し、今週は「ユーロドルでのユーロ買い」をおすすめ通貨ペアとします。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)