FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第55回:RSIのゾーン・エントリー

更新日:2010年3月31日

3月31日期末ですね。今年度も今日で終わり、明日からは新年度入りとなります。もう4月だというのになかなか暖かくならず、桜の咲き具合もいまひとつのところが多いようです。

前回のレビュー

前回は売買シグナル機能を使った「MACDとシグナルのクロス」を紹介し、同手法で
「スイス円でのスイス売り」をおすすめ通貨ペアとしました。
その後のスイス円の動きをシグナル機能画面とともに見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

MACD下抜けの23日(白い縦線のカーソル)の翌24日(ピンクの点線で囲い、矢印で示した日)に画面では表示されていませんが、MACD上抜けが起きてしまいました。典型的なタッチ・アンド・ゴー(飛行機の着陸後、すぐに離陸する動き)のパターンです。当然、値動きも上昇しています。ダマシの売りシグナルが出た日が安値、今回は×です。しかし、タッチ・アンド・ゴーは比較的信頼度が高いダマシのパターンですから、仕方ありません。一週間の間に逆のシグナルが出てしまうこともあるという例ですね。

RSIのゾーン・エントリー

今回はオシレータ系指標の代表であるRSIを使ったゾーン・エントリー手法の紹介です。これもシグナル機能の中にある売買手法ですが、デフォルトでは1時間足による売買が定義されています。そこで編集画面から以下のように対象チャートを日足チャートにしておきます。

RSIのゾーン・エントリーは、RSI(デフォルトは14日)が70%を上回った時点で逆張りの売り、30%を下回った時点で逆張りの買いという考え方をしますが、買われすぎ・売られすぎゾーンに入った時点ではなく、出た時点で判断するゾーン・エグジットの手法を第15回(MACDと短期RSI)で紹介しています。また、ゾーン・エントリーとゾーン・エグジットの図は第10回(ADXと%K)にありますので、そちらも参照してください。

今回はゾーン・エントリーを見ていきますが、最初にサンプルとして前回と同じスイス円のチャートをご覧ください。

※チャートはクリックで拡大できます

前回のような手法と違って、この手法では売買シグナルが交互に出るわけではありません。チャート中央の水色で囲った部分を見ると、30%を下回るゾーン・エントリーが2回発生しており、売買シグナルでもそのようになっていることがわかります。ただ、売買シグナルが出ている日を見てもおわかりと思いますが、ゾーン・エントリーでの売買は、まだトレンドが発生している途中で出ることも多く、何か別の指標(第10回のようにADXの併用も一案)を併用することが望ましいと思われます。

今回は特に難しいことは考えず、シンプルに見ることとし、前回と同じくシグナル一覧で直近の売買シグナル状況を確認してみることとします。主要7通貨を見たところ、直近で売買シグナルが出ている通貨ペアはありませんでしたので、全通貨ペアに拡大して一覧を5通貨ペアずつチェックしていきます。(設定できる最大が5通貨ペアまで)

すると、今週に入ってからシグナルが出ていたのは以下の通貨ペアでした。

  •  豪ドル円 3/29 RSI70上抜け
  •  ユーロポンド 3/30 RSI30下抜け
  •  NZドル円 3/29 RSI70上抜け
  •  ランド円 3/29 RSI70上抜け

クイックチャート・トレードが自動的に探してくれるので楽ですね。

こうして見てみると一番近いところではユーロポンドがRSI30を下抜けして売られすぎゾーンに入ってきたことがわかります。チャートを表示してみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

30日(縦カーソルの日)にRSIが29.87と30を下抜けしていることがわかります。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

 

ユーロ円

 

ユーロドル

 

ポンド円

 

ポンドドル

 

スイス円

 

ドルスイス

 

ということで、今回は「ユーロポンドでのユーロ買い」をおすすめ通貨ペアとしますが、今回のゾーン・エントリーの手法はゾーンの水準を40・60(あるいは45・55)として、エントリーした方向についていく順張り手法として使うことも出来ます。
このあたりの話と設定の変更方法は次回にでも紹介しようと思います。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)