FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第53回:Pro-Go (プロ・ゴー)

更新日:2010年3月17日

皆さん、花粉は大丈夫でしょうか?私はそれほど酷い症状では無いのですが、よく晴れた日に室内から窓の外を見ると、出来ることなら外に出たくないと思ってしまいます。

さて、本日はあまり見かけない指標を取り扱いますが、こうした指標は国内のサイトではなかなか見つかりません。私は、海外のテクニカル指標を専門に扱ったサイトや、テクニカル分析専門の月刊誌であるTASC(Technical Analysis of Stocks & Commodities)マガジン等を見て面白いなと思ったら実際に試してみるという感じです。サイトもマガジンもプログラムコードが掲載されている場合も多いので、皆さんも参考にしてみてください。

前回のレビュー

前回は「エンベロープ」を紹介し、同手法で「ポンド円でのポンド買い」をおすすめ通貨ペアとしました。その後のポンド円の動きを見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

赤い点線で囲った部分が、9日の−3%に達したバーで、縦のカーソルが先週の執筆時点(10日)となっています。9日の終値(135.51)に較べてその後の高値は12日の138.05、その後もポンド円は高値圏での推移を続けています。先週執筆時点ではポンドに対する不安はあったものの、今回の評価は○となりました。

Pro-Go

今回はPro-Go(プロ・ゴー)です。あまりメジャーな指標とは言えませんが、海外のサイトではいくつかのパターンが紹介されており、サイトによっては3バージョンほどプログラムが載っているサイトもありました。Pro-Goはプロフェッショナルの動きを考えるためのオシレータで、大衆の動きとは異なるプロフェッショナルの動向を観察しようとするものです。

※チャートはクリックで拡大できます

このチャートは、ドル円日足にパラメータを14日(他にも、7日と21日が使われているようです)としたPro-Goを表示させたものですが、一般的な見方としては価格とオシレータのダイバージェンスを見るというものがあります。他にも、Pro-Goの移動平均線を表示させるという見方もあるようですが、ここではシンプルにダイバージェンスを見る手法を使うこととします。

ダイバージェンスについては、「第11回:%Dのダイバージェンス」も併せて読んでいただければと思いますが、再掲すると定義としては以下の通りです。

1. ダイバージェンス
価格が以前の安値よりも安い安値を付けたのに対し、%Dはより高い数値を付けた時に買い。価格が以前の高値よりも高い高値を付けたのに対し、%Dがより低い数値を付けた時は売り。

2. 隠れたダイバージェンス
価格が以前の安値よりも高い安値を付けたのに対し、%Dがより低い数値を付けた時に買い。価格が以前の高値よりも安い高値を付けたのに対し、%Dがより高い数値を付けた時は売り。

文章で書くとわかりにくいのですが、簡単に言ってしまうと、価格の動きとオシレータの動きが異なるという点です。上記のチャートでも12月下旬から1月上旬にかけて、価格が上昇しているのに対してオシレータが下降している様子がわかります。このダイバージェンスは売りのダイバージェンスとなっていますね。

それでは、直近のチャートでPro-Goのダイバージェンスが起きている通貨ペアがあるかどうかを見てみることとしましょう。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

 

ユーロ円

 

ユーロドル

 

ポンド円

 

ポンドドル

 

スイス円

 

ドルスイス

 

残念ながら主要通貨ペアでの目立ったダイバージェンスは見つかりませんでした。他の通貨ペアに拡大して見てみます。うーむ・・どうもパッとしたものが見当たりませんが、あえて言えば、ポンドスイスが15日に微妙に買いのダイバージェンスを起こしているようです。

SNBの介入にもかかわらず、スイスフランが思った以上に買われているため不安も残りますが、今週は「ポンドスイスでのポンド買い」をおすすめ通貨ペアといたします。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

次世代型FXツールを体感

クイックチャート・トレード

クイックチャート・トレードはチャート分析、注文取引、ポジション管理など高度なチャートトレード・システムです。

取引をはじめる

口座開設オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)