FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第50回:コンティニュエーション・パターン

更新日:2010年2月24日

今日は外に出たらかなり暖かいなと思ったのですが、名古屋、大阪では東京より更に4〜5度も高いという天気予報を見てびっくり!さすがにこのまま春にはなりませんが、寒い時期に暖かい日があるとほっとしますね。

前回のレビュー

前回は「平均足」を紹介し、同手法で「ユーロドルでのユーロ買い」をおすすめ通貨ペアとしました。大外れもいいとこでしたが、直近のユーロドルの動きを通常のローソク足と平均足を並べて見てみることにしましょう。前回同様、上段がローソク足、下段が平均足です。

※チャートはクリックで拡大できます

ピンクで囲んだ日が先週執筆時点で陽転した(16日)と示した日ですが、ユーロドルは翌日から大きく下落し、平均足も18日木曜には陰転、下げを示す足型となりました。その後は22日に中立に近い陽線を挟み再びやや弱めの陰線を示しています。典型的なだましに引っかかってしまったようです。ということで今回の評価は×です。

コンティニュエーション・パターン

今回はチャートパターンの説明をしましょう。チャートパターンは読むのにある程度慣れが必要ですが、テクニカル分析をする際に知っておくべき知識のひとつです。
天井圏や底値圏で見られるリバーサル・パターン(反転パターン)と、もみあい時に見られるコンティニュエーション・パターン(継続パターン)の2つがありますが、今回は後者を取り上げてみます。

コンティニュエーション・パターンは名前が示す通り、大きなトレンドの中でいったん
踊り場的なもみあいを形成する時に見られます。まずは代表的なパターンをご覧ください。

いくつかに分類してありますが上段が上抜けパターン(上昇トレンドでのもみあい後、再び上昇する)で、下段が下抜けパターン(下降トレンドでのもみあい後、再び下降する)です。また左側が長期パターンで、右側が短期パターンです。長期と短期の区別ですが、おおよそ短期パターンがバーの数にして5〜15本程度(日足だと1〜3週間)、長期パターンが20〜60本程度(日足だと1〜3ヵ月)を目安にしておくとよいかと思います。
同じ三角もちあいでも、長期のパターンはトライアングルと呼び、短期のパターンはペナントと呼びます。

長期のパターンはあまり見ることはありませんが、短期のパターン(ペナント、フラッグ)はしばしばチャートの中に見ることが出来ます。もちろん、上図のように教科書通りのキレイなパターンは少ないのですが、大きな動きの後の小休止として現れるパターンです。

また、apex(頂点)と書いてありますが、一般的にはapexに達する前(8分目あたり)で抜けるのが典型的なコンティニュエーション・パターンとなります。ただ、あまり方向性にはこだわらず、どちらの方向にも抜けたら注意と考えた方がよいかと思います。

それでは、例としてユーロ円のチャートをご覧ください。
チャートパターンを見る時は、ローソク足よりもバーチャートのほうが見やすいので今回はバーチャートで表示します。

※チャートはクリックで拡大できます

ユーロドルは1月11日の高値134.35から下降トレンドに入り、2月5日に安値120.67を付けて以降は安値、高値とも徐々に切り上がる典型的なフラッグを形成しています。バーの数も12本もみあった後に下抜けしていますので、下抜けパターンのフラッグということになります。今後フラッグを形成したサポートラインがレジスタンスとなってくるとユーロ円一段安のリスクが高いと考えられます。

他の通貨ペアで直近にコンティニュエーション・パターンがあるかを見てみると以下のようになります。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

 

ユーロ円

フラッグを下抜け(23日)サンプルチャート参照

ユーロドル

 

ポンド円

フラッグを下抜け(23日)

ポンドドル

フラッグを下抜け(18日)

スイス円

フラッグを下抜け(23日)

ドルスイス

 

こうして見ると主要なクロス円が昨日の下げでフラッグを下抜けていることがわかります。今回のクロス円の下げはBOE総裁の量的緩和のコメントがきっかけでもありましたし、ポンドドルでも一足先にフラッグを下抜けていることから、今週は
「ポンド円でのポンド売り」をおすすめ通貨ペアとします。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)