FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第45回:ボリンジャーバンドどうしのクロス

更新日:2010年1月20日

寒い日が続いていましたが、東京は昨日今日と穏やかな天気でほっとします。昨日JALが会社更生法を申請し株式は上場廃止が決まりましたが、JAL株は日々一桁台で大商いとなっています。整理ポストに入り残り1ヵ月、1円を付けるまで投機的なゲームが続くのでしょうが、FXをやっている人も一部は参加していそうですね。

前回のレビュー

さて、前回は5日移動平均線と21日ボリンジャーバンド(BB)のクロスを使って、「ドルスイスのドル売り(スイス買い)」をおすすめ通貨ペアとしました。
その後のドルスイスの動きを見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

白い点線の縦カーソルラインが先週執筆時点(13日)を示しています。前回は11日に発生したドル売りシグナル(赤い矢印)に基づき13日のおすすめ通貨ペアを決定しましたが、こうして見てみるとほぼ安値圏、その後はユーロドルでのユーロ売りの動きもあり、ドルスイスは上昇の一途を辿りました。昨日は5日移動平均線がBBの下限を上回る仕切りのシグナルも出て、更に上昇する動きとなりました。今回は全くのはずれ、×です。

ボリンジャーバンドどうしのクロス

今回もボリンジャーバンド(BB)を使ったシグナルについて考えてみます。クイックチャート・トレードでは3種類のBBを表示できますが、前回の手法を少しアレンジしてBBどうしのクロスを見てみましょう。ここでは短期BBに長期BBを組み合わせ、短期BBの上端と長期BB上端のゴールデンクロス(GC)、短期BBの下端と長期BBの下端のデッドクロス(DC)を使ってみます。

前回との比較のため、同じドルスイスの日足に水色で短期BB(5日±2σ)と黄色で長期BB(21日±1σ)を表示させ、参考に5日移動平均線を薄い水色の点線としてみましょう。考え方は前回と同じです。

買い = 5日BB(+2σ)の上限が21日BBの上限(+1σ)を上抜け
売り = 5日BB(+2σ)の下限が21日BBの下限(−1σ)を下抜け

※チャートはクリックで拡大できます

実線の丸で囲んだところが今回の方法による売買シグナル、点線の丸で囲んだところが前回の方法による売買シグナルです。どちらも売買シグナルが3日ほど早く出ていることがわかります。ただ、5日移動平均線が長期BBの中で推移していることもありますので、仕切りの方法は別途考えなくてはなりません。第43回で紹介した3日高値・安値移動平均線を使ったストップなどは組み合わせとしてよいかもしれません。


※チャートはクリックで拡大できます

上記チャートの売買シグナル(実線矢印)の後に起きた最初の3日高値・安値移動平均線超え(点線矢印)を付記してみました。直近のドルスイスのドル売りでもなんとか逃れていることがわかります。

それでは、この手法を使っていつも通り主要通貨ペアの状況を見て行きましょう。

今週のおすすめ通貨ペア

ドル円

13日にドル売りシグナル

ユーロ円

15日にユーロ売りシグナル

ユーロドル

19日にユーロ売りシグナル

ポンド円

スクエア

ポンドドル

12日にポンド買いシグナル

スイス円

19日にスイス売りシグナル

ドルスイス

スクエア

ユーロドルとスイス円が、直近19日にそれぞれ売りシグナルが出ています。今回は地合いも悪く、チャートパターン的にも一段安の可能性がある「ユーロドルでのユーロ売り」をおすすめ通貨ペアとします。20日午前11時執筆時点で1.4215レベルと既に12月安値を割り込んでいますが、今からでも間に合うか?

なお、3日高値・安値移動平均線を表示させるにはカスタマイズした拡張ファイルが必要です。詳しくは、第44回(ファイルのダウンロード先が書いてあります)と第39回(ファイルの適用方法が書いてあります)をご覧ください。


連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)