FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2009年バックナンバー
  5. 山中康司の「わかる!」テクニカル分析

マーケットビュー

水曜 山中康司の「わかる!」テクニカル分析 チャートから見たポジション分析

第2回:移動平均線

更新日:2009年3月25日

移動平均線 (2) …2本の移動平均線のまとめ

まずは前回のレビューということで3月18日のドル円時間足チャートその後(10:00〜)の展開を見てみましょう。赤いカーソル線を引いてある時間が前回載せたチャートの最後の部分となります。

前回『上昇を続ける21時間線(=上昇トレンド継続)を5時間線がいったん一時的に下回った後に再び上回る動きです。これは移動平均線の読みとしては、現在の水準から押し目があった場合には、買い場となる』と書いたのですが、その直後に長めの陰線が現れ、21時間線も下向きへと転じることとなりました。そして、その後の円高の動きは皆さんご存じの通りです。

このように短い時間枠の場合、比較的頻繁に売買シグナルが出ることとなりますし、日足や週足ではあまり売買シグナルが出ないということになります。自分が取引する時間がどの程度の長さであるのかを考え、チャートの時間枠を決定することとなります。また短い時間枠を考える場合、上位の時間枠を見ることも重要です。たとえば上記チャートでは直近では21時間線が上昇トレンドを示していますが、上位の日足ではどうなっているのかを見るわけです。日足チャートを見るとわかるように21日線は上昇トレンドにあるものの、5日線は21日線の下にあることで状況次第でもみあいとなる可能性もあるわけです。
ここで、いったん2本の移動平均線を見る場合のポイントまとめておきましょう。テクニカル分析の教科書の類には様々な見方が載っていると思いますが、重要なポイントは以下の通りです。

(1) 長期移動平均線の傾きでトレンドを判断する

上昇=買いトレンド、下降=売りトレンド

(2) 移動平均線どうしのクロス

ゴールデンクロス=短期移動平均線が長期移動平均線を上抜け (買いシグナル)

デッドクロス=短期移動平均線が長期移動平均線を下抜け (売りシグナル)

ただし、(1) のルールを併用し長期移動平均線の傾きにそったクロスを採用。長期移動平均線の傾きが異なる場合、長期移動平均線の傾きが一致するまで待つ。

(3) 移動平均線どうしが接近して、クロスせずに乖離した場合、それ以前のトレンドが加速することが多い (買い乗せ、売り乗せ)

図を見ていただいたほうがわかりやすいとおもいますので、イメージ図も載せておきましょう。点線が長期移動平均線、実線が短期移動平均線、矢印で示した場所がそれぞれ売買のシグナルの位置を示しています。

それでは、今週は前回よりももう少し長めの時間枠となる4時間足を使って、24日火曜(もしくは23日月曜)にこれらのシグナルが出ている通貨ペアを探してみることにしましょう。

今週のおすすめ通貨ペア

今回から主要通貨(円、ユーロ、ポンド、スイスフラン)の対ドル、対円の7通貨でその回の説明にそったシグナルが出ているかどうかを見ていきます。

ドル円

上昇トレンド

ユーロ円

上昇トレンド

ユーロドル

下降トレンドの始まり=ユーロ売り・ドル買い

ポンド円

上昇トレンド

ポンドドル

上昇トレンド

スイス円

上昇トレンド

ドルスイス

上昇トレンドの始まり=ドル買い・スイス売り

こうして見てみると、ユーロドル、ドルスイスにおいてドル買いの動きが出てきそうな状態にあることがわかります。前の週にユーロドルが大きく上昇した後に高値圏でのもみあいを続けていることを考えると、いったんユーロドルが下押しする可能性と、それにつられる形でドルスイスが上げる可能性を今回の移動平均線の見方からあげておきます。

余談になりますが、先週のレポート中に出てきた大海宏氏の『実戦・為替レート予測』、どうしてももう一度見たくなり、アマゾンで古本を購入しました。ゴールデンクロス、デッドクロスより終値と21日線のクロスを重視している点など、いま改めて読んでみるとそうだったんだと思うこともあります。久しぶりに懐かしい本と再会出来ました。

連載にあたってのリクエスト、質問等はいつでも歓迎です。口座開設者限定とさせていただきますが、セントラル短資FX「為替セミナー」サポートサイト外部リンク にて承ります。

それでは、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)