FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2013年バックナンバー
  5. 和田仁志が斬る、相場のセンチメント

マーケットビュー

火曜 和田仁志が斬る、相場のセンチメント 相場の今の"空気"を読み解く

今でしょ

更新日:2013年4月9日

先週はついに黒田総裁体制のもと、最初の日銀金融政策決定会合が開催されました。4日の1時30分過ぎには、日銀の番記者曰く「岩田日銀副総裁がどや顔で部屋から出てきて」終了した会合では、いわゆる「量的・質的金融緩和」の導入が決定されました。

通常の日銀金融政策決定会合では、真っ先に出てくるヘッドラインが「政策金利を据え置き」との決まり文句ですが、早めのランチを終えて万全の体制を敷いていた市場参加者の目には、その「いつものヘッドライン」が飛び込んでくることはありませんでした。

「日銀券ルールを一時適用停止」とか、「ETFを年間1兆円、JREITを年間300億円増加させる」とか、緩和策の詳細が次々と流れ出たことで、「とりあえずは十分な緩和策がとられた」との認識からドル円の買いに走ってはみたものの、全体像を掴むまでにはいたらず。日銀のウェブサイトは案の定、なかなかPDFをアップできない状態が続きましたが、苦労してプリントアウトした日銀声明文を読めば読むほど、「これって凄くないか」との認識に変わり始めます。

なんといっても、「無担保コールレートオーバーナイト物を0−0.1%程度で推移するよう促す」とした「政策金利」がなくなって、その代わりに「マネタリーベースが、年間約60−70兆円に相当するペースで増加するよう金融市場調整を行う」とした「マネタリーベースコントロール」が金融市場調整の操作目標になるほか、資産の保有額を2年間で2倍に拡大するなど、完全な「量的緩和政策」への転換が行われたことで、ドル円も日経平均も、「いつ買うのよ?今でしょ!」的な買いが殺到することになりました。

日銀の歴史的な政策転換の声明文は今後の世界観をがらりと変えるほどのインパクトがあるわけで、市場参加者の脳裏にはくっきりと焼き付けられました。簡単にいえば、日本中に流れ出る円という通貨の量が2年間で2倍になるという事実をどう受け止める必要があるのか。単純に考えれば、円という通貨の価値が半分になるということも決して極端な意見ではなくなるということです。

日銀のウェブサイトに掲載されている4ページに渡る「日本銀行は、消費者物価の前年比上昇率2%の物価安定の目標を、2年程度の期間を念頭に置いて、できるだけ早期に実現する。このため、マネタリーベースおよび長期国債・ETFの保有額を2年間で2倍に拡大し、長期国債買入れの平均残存期間を2倍以上に延長するなど、量・質ともに次元の違う金融緩和を行う」とした、「量的・質的金融緩和」の導入についての声明文は、是非プリントアウトして座右の銘としたいところです。

前回の「注目通貨ペア!」の振り返り ※チャートはクリックで拡大できます

先週の「注目通貨ペア!」

ユーロドル

先週は、ドル円は買い上げられる展開となりました。日銀金融政策決定会合を控えて、「追加緩和が先延ばしされるのでは」との憶測が台頭したこともあり、ファンド勢中心に利食い売りが先行。一時92.57円まで値を下げる場面もみられましたが、4日に日銀が「量的・質的金融緩和」の導入を発表すると一気に買いが加速。92円台後半から96円台半ばまで急騰しました。週末には3月米雇用統計で非農業部門雇用者数が8.8万人と市場予想の19.0万人を大幅に下回る弱い数字となったことを受けて値を下げる場面もみられたものの、下押しも限定的。引けにかけては一時97.84円の高値まで買い上げられています。
ユーロドルはドラギECB総裁が定例理事会後の記者会見で「ユーロ圏分裂を予想する人はユーロに投資されている政治的資本をかなり過小評価している」などと述べたことをきっかけに買いが加速。ユーロ円の上昇も買いを後押し。一時1.3040ドルまで値を上げています。

今週のワタシの「注目通貨ペア!」 ※チャートはクリックで拡大できます

今週の「注目通貨ペア!」

ドル円

今週は、ドル円は底堅い動きを予想しています。週明け早朝から買いが加速。一時99.67円の高値まで値を上げています。引き続き日銀による「量的・質的金融緩和」策の導入を意識した買いが観測されており、下押したところを丁寧に拾っていきたいところです。
下値では5日の高値97.84円や8日の安値97.70円が目先の目処として意識されているほか、3月12日の高値96.71円がサポートレベルとなっています。上値では、2009年5月7日の高値99.80円が目先の目処となっています。
100.00円にはバリアオプションが設定されており、手前では防戦売りも観測されることになりますが、2009年4月6日の高値101.45円も視野に入ってきています。

今週は10日にFOMC議事要旨(3月19−20日分)が公表されるほか、12日にはバーナンキFRB議長の講演が予定されています。

 


メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)