FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 野村雅道の今週注目!の経済指標

マーケットビュー

月曜 野村雅道の今週注目!の経済指標 マーケットが注目する指標を大胆解析

2014年見通し 〜中国・資源国編〜

更新日:2013年12月30日

本日は今年最後のマーケットビューとなります。年末シリーズ第2弾ということで「2014年見通し〜中国、資源国編〜」をお送りします。来年もよろしくお願いします。

中国

予想:

人民元変動幅拡大で人民元高へ。
【ドル/人民元】5.5-6.5元、【人民元/円】15-22円

予想:

鉱山ブームのピークを過ぎ、炭素税導入での景気減速で下落した豪ドルだが世界景気の緩やかな成長と中国の安定成長と市場原理の導入でNZの景気回復に遅れること1年だが徐々に持ち直すだろう。
【豪ドル/円】80-110円、【豪ドル/ドル】0.8-1.0ドル

NZ

予想:

米QE3縮小で下落場面あるも、NZ政策金利も上昇予想なので回復する。格下げがあればこれも一時的に下がるだろうが世界でも数少ない財政黒字化する国なので回復も早いだろう。貿易の最大相手国が輸出入ともに中国となっただけに中国の影響は大きい。2014年の中国は7%以上の安定成長見通し。見通し通りならNZドルも底堅い。ただ2014年が豪経済もこれまでの低金利・通貨安の影響で回復するので13年のようなNZドルの強さはない。
【NZドル/円】70-95円、【NZドル/ドル】0.7-0.9ドル

南アフリカ

予想:

インフレ懸念強く、これ以上のランド安は避けたいところ。一時的な下げ要因は格下げ、総選挙での混乱などである。中国は安定成長へ向かい、欧州も若干だが景気回復するので両地域への輸出は増加するだろう。
【南ランド/円】8.5-11.5円

トルコ

予想:

米国QE3縮小で、対ドルで売られる傾向が続く。インフレは目標を超えているが 低成長なために利上げを行うことはできない。政局も不安があり、売りこまれる要因は多い。ただ中銀は介入を行う準備はあり、外貨準備も十分ある。上昇するとすれば欧州経済の回復が目に見えて表れる時だろう。
【トルコリラ/円】40−60円

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)