FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

香港における人民元金融市場について

更新日:2011年11月25日

今回は、先週香港出張をして現地でヒアリングしてきたことなどをもとに、香港における人民元金融市場について考察してみます。

1. 香港における人民元金融市場の拡大状況

2009年7月に香港における人民元貿易決済が試行開始されて以来、香港は人民元の国際化に向けたテスト地域として他に先行し、現在は人民元の最大のオフショアセンターとなっている。

(1) 香港における人民元預金残高は、2004年の解禁以来順調に伸び、中国本土からの貿易決済代金の受取増加などさまざまな規制緩和や人民元切り上げ期待を背景に2010年年央に1,000億元を超えてから加速度的に増加した。2010年末には3,149億元、2011年9月末時点では6,222億元となっている。これはオフショア地域全体の8割超となっている。(データは香港金融管理局HKMAのHPより)
(2) これら資金プールの運用受け皿としての金融商品の代表格である、香港における人民元建て債券の発行額は、2010年7月の点心債誕生以後は2010 年こそ410億元であったが、2011年1から10月までで1,520億元となり、今後も増加が予想される。(データはBarclays CapitalのCNH MARKET PRIMERより)
(3) ただし、中国は規制緩和に対しては慎重な姿勢をとっており、貿易決済における企業管理制度、資本取引における個別認可等の規制は依然として厳しい。特に中国政府が人民元の資金流出入を厳しく管理しているため、オフショアでの人民元流通規模に比し、肝心の運用手段が不足するという不自由な構造となっている。

2. 2011年8月、中国の香港支援・連携新政策の発表

これにより中国政府が各種優遇・優先的規制緩和を通して、国際金融センターとしての香港の地位確保と、香港を通した人民元の国際化や中国国内の産業構造転換推進を意図していることが確認された。

(1) 人民元還流ルートの確立関係
  1. 人民元決済の地域制限を撤廃し、貨物・サービス貿易及びその他の経常取引における人民元決済を全国拡大

  2. 人民元建て直接投資(FDI)の一部緩和計画、年内第1号の可能性

(2) 人民元の運用手段の拡充関係
  1. 中国企業や金融機関の点心債発行規模を拡大

  2. 適格外国機関投資家制度(QFII)を活用した中国本土証券市場への人民元建て投資(香港のファンドに対して上限200億元を想定)許容計画

(3) 香港の金融センター機能強化関係
  1. 香港株ETFの中国本土上場(中国国内投資家の間接投資可能)計画

  2. 香港に対するCEPA(中国本土・香港の経済貿易緊密化協定)を通じた経済・貿易面での優遇促進

3. 香港オフショア人民元市場の将来性

(1) 2011年に始まった中国の第12次5ヵ年計画では、「香港の人民元オフショアセンター及び国際資産管理センターとしての発展を支援する…香港の国際金融、貿易、船舶運輸センターとしての地位向上を支援、金融センターとして世界への影響力を強化する」と規定している(57章第1節)。
(2) 2011年4月には中国とシンガポール政府が、シンガポールを第2のオフショアセンターとする討議をしている。台湾も興味を示し、さらには9月にロンドンで開催された英中経済財政金融対話では、中国がロンドンの人民元オフショア市場設立を支持したと報じられている。
(3) しかしながら、香港の優位性は以下により揺るがないという見方が多い。
@香港金融管理局(HKMA)の強いコミットメント、A地理的優位性、B同一中華言語・文化圏、C優れた資金決済インフラ(RTGSであるとともに、中国本土の決済システムCNAPSと直結、中央銀行での決済同様支払完了性を有している)
(4) ただ、CNHとCNYが統合されることになれば、オフショアセンターとしての役割を終えることになるが、それには相当な時間がかかる(一説に最短で2020年)と考えられ、当面は中国政府は香港を活用しつつ規制緩和を進めていく方針と考えられる。2010年の年央からの規制変更は、人民元の国際化の「確固とした、しかし慎重な」ペースを望む金融当局のスタンスを大きく反映している。

セントラル短資FX株式会社
阿草 龍二

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)