FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

材料に疲れたか?!

更新日:2011年10月14日

いよいよ先週から破綻の可能性のある具体的な金融機関名があげられてきた。今週に入り、早々と救済案が出されたが、ギリシャ問題も具体的な処理に向けいよいよ佳境に入りつつある。今週末のG−20あるいは延期された23日のEU首脳会議でより具体的な解決策が決定されるかどうか注目される。現状、問題となっている論点を以下に列挙すると、

@7月21日に合意した民間負担分21%が、50%〜60%まで増額されるか?
A増額した時に、各国の金融機関の破たんを防げる体制であるか?
B欧州金融安定基金(EFSF)の実質的な規模の拡大策は?
Cギリシャのデフォルトが現実化した時にポルトガル、アイルランド、スペイン、イタリアへ飛び火を防げるか?

一昨日、バローゾ欧州委員長がユーロ安定に向けた行程表の骨子を発表した。

  • ギリシャ支援の実施。 
  • 欧州金融安定基金(EFSF)を最大限活用、欧州安定メカニズム(ESM)の前倒し運用。
  • 欧州銀行の大幅な資本増強。
  • 経済カバナンスの強化。

提案にあるように欧州金融機関に対する資本の増強が実行されれば良いが、上記の@〜B問題を払しょくするには、いま一つ具体性に欠ける感がある。

しかしながら、市場は連日アナウンスされるギリシャ問題に関する悪材料に疲れたか、これから具体的な解決策が出てこようとする前に市場が調整し始めている。今回のこのユーロの調整がどこまで反発するのか、ユーロスイス、ユーロドル、ユーロ円を見ながら比較検証してみたい。

ユーロスイス

それぞれの通貨ペアの起点を下落し始めた本年4月〜5月の高値にすると、ユーロスイスは、4月の第1週に付けた1.3242を起点として、底(安値)の1.0068に対するフィボナッチ係数の2/3戻し(61.8%)以上の調整を示現している。1.24前半の価格帯を抜ければ、次のターゲットが1.32となりそうであるが、他のユーロクロスに比べ先行して調整している分、ここからもう一段、先に抜けるには材料的にも欧州不安の払しょくが必要となろう。それより、1.20〜1.25の間で少し持合いを形成したのち上抜くと、典型的な反転形状であるスパイク(またはリバース・ヘッドアンドショルダー)の形となる。

ユーロドル

ユーロドルの起点は、本年5月第1週に付けた高値1.4939から、先週付けた底値1.3144の戻しを計測すると1/3戻し(38.2%)である1.3830に到達し、一旦止まっている。ちなみに半値戻し(50%)で1.4036、2/3戻し(61.8%)で1.4249となる。1.40〜1.45の価格帯で、5月中旬から8月末の3カ月間の持ち合いを形成しており、この価格帯を踏み上げるには相当なエネルギーが必要となろう。材料的にも難しそうである。

ユーロ円

ユーロ円の起点は、本年4月の第2週につけた123.31を高値とし、先週の安値100.74で同様にフィボナッチ係数を計測すると、1/3戻し(38.2%)109.36、半値戻し(50%)112.03、2/3戻し(61.8%)114.69となっている。ユーロ円に関しては今週の高値が107.04となっており1/3戻しすら到達していない。フィボナッチの計測から考えると今後ユーロ絡みの調整とするとユーロ円での調整の可能性が高い。前述のユーロドルが1.3830を高値としてレンジ相場となると、ドル円の上昇により調整することとなろう。

最後に

この時点で、数カ月間の下落に対する大きめの調整が入るには、今週末のG20あるいは10/23からのEU首脳会談等で、金融不安回避の為のセーフティネットが具体的に出て、かつ市場に安心感を与えられれば、調整局面に入る可能性が高いであろう。引き続き満足いくものでない時は、再びユーロは売りを浴びるであろう。


【ユーロ/スイス週足】

※クリックで拡大できます

【ユーロドル週足】

※クリックで拡大できます

【ユーロ円週足】

※クリックで拡大できます

【ドル円週足】

※クリックで拡大できます

セントラル短資FX株式会社
牧野 伸康

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)