FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

行き過ぎた悲観論か?

更新日:2011年9月30日

昨年は米国の景気後退や米金融機関への信用問題にフォーカスがあたり米ドルが弱く推移していたものの、今年は4月に入るとギリシャなどの南欧の問題を背景としてユーロに対する懸念が膨らみユーロを売り込む動きが市場の大きな材料となっている。ここで、米国の景気について依然として不透明感が強く、またユーロフォリアと言われる欧州圏に対する楽観的な見方もギリシャが国としてデフォルトするかもしれないといった見方が増える事によって、ユーロのアセットをポートフォリオから落とす動きが強まっている。

どの通貨も楽観的に買うことができない中で、相対的にスイスフランや円、あるいは金などの貴金属、果ては原油や穀物が買い進まれてきたのが8月までの相場展開と推測できる。しかし、ここにきてやや従来の動きとは違い、一方的なドル売りやユーロ売りも一服し、投機的な上昇を見せていた貴金属や商品などの相場についても本格的な調整局面入りとなっている。また、8月にはスイス中央銀行の介入により、パリティ(1ユーロ=1スイスフラン)近くまで強含んでいたスイスフランも一気に1.20台まで押し上げられるなど、いままでのユーロ売り、ドル売りといった動きについて調整的な動きが強まっている。

一方で、ドル円は依然として円の史上最高値に極めて近い76円台で推移。また、ユーロ円も103円から105円を中心として円が高い水準での推移となっている。最近の報道では一方的な上昇を見せていた金価格やその他の貴金属価格が急落、原油も弱含みに推移し始めるなど、従来の動きとは別のトレンドが形成され始めていると思われる。その意味ではここ数年間、買い進まれていた円の動きについても従来とは違う動き、つまり、円安方向への動きが出てもおかしくは無い状況と言えるのではないか。

もちろん、いままで買い進まれてきたスイスフランや貴金属、新興国通貨の調整の受け皿として円を買う動きが強まる可能性も否定できないものの、2011年も9月が終わり海外では年度末の12月に向けて株式市場や債券市場で出た損失を埋めるべく、為替市場や貴金属市場で出た利益を確定する動きが今後強まるのではないかと推測する。

【金価格日足】

※クリックで拡大できます

(出所:Bloomberg)

【原油価格日足】

※クリックで拡大できます

(出所:Bloomberg)

ユーロ円について見ると、日足でのチャネルを下抜き、一旦は上値を試しているように見えるが、再度チャネルの中に戻すような動きが出れば今まで溜まっていたユーロ売り円買いのポジションを一気に巻き戻そうとする動きが相当強まるのではないかと推測している。

【ユーロ円】

※クリックで拡大できます

一方で、短期の4時間足を見ると8月初旬以来の下落トレンドを上抜き、一目均衡表雲の中で遊んでいる状態となっている。現時点では105円の頭の重さが目立っているが、他の通貨や商品などの動きを見ていると大きなトレンドに変化が現れる可能性が高まっているのではないかと思いたくなる。大きなトレンドの変化は未だ見えないものの、ユーロ円での短期的なトレンドについては、105円を越える事ができれば、8/30の高値111.92と9/26の安値101.94の半値戻しである106.94近辺までの上昇を見込む事ができると考えられる。もちろん、4時間足の雲下限である103.25近辺を下抜けば改めてユーロ売りを試す向きが多くなると思われ、楽観的なユーロ買いが避けたいが、大きなトレンドに変化が起きる可能性に期待しつつ、まず、小さなトレンドで円安方向への動きを期待したい。

セントラル短資FX
須藤 博史

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)