FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

本日8月の米雇用統計が公表されます

更新日:2011年9月2日

こんにちは。市場営業部の伊藤です。
欧州の信用不安が拡大したことや世界的な景気後退懸念が高まる中、8月は色々なことがありましたね。
簡単におさらいしますと、まず8月4日に円売り介入がありました。財務省が先月末に発表した実績によると、介入額は4兆5129億円であることが明らかとなりました。77円を割り込む水準で推移していたドル円相場は当日80.23円付近まで反発し、断続的な介入を目の当たりにして当局の強い意志を感じた方も多いのではないでしょうか。

ところが、その週末6日(土曜日)に格付け会社S&Pが米国債の長期格付けをこれまでの「AAA」から「AA+」に1ノッチ格下げ、さらに見通しを「ネガティブ」とすることをアナウンスしました。翌週は下にギャップ(窓)を空けて取引が始まり、改めてドル円の下落を警戒する動きが強まったわけです。19日金曜日には76円を割り込み、史上最安値を更新する展開となったのはご承知の通りです。

その後米国の量的緩和策第3弾に関する当局の姿勢が注目されましたが、FRBの慎重な姿勢が示されたことでドルの買い戻しを誘い、一旦は77円台後半まで戻したものの、本格的に米ドルを買い戻す地合いに転換したわけではなく、米ドルの戻り売りが強いことを確認した後、再び下方向に垂れてきた、という流れにあります。

先月に比べて、相場が落ち着きを取り戻す中、本日は8月の米国雇用統計が発表されます。 先行指標となるADP全米雇用報告やISM製造業景気指数の雇用指数が市場予想を下回ったため、本日の雇用統計を警戒する動きが強まり、昨晩はドル売りに反応する展開となっています。大手金融機関の一部がNFP(Non Farm Payrolls:非農業部門新規雇用者数)の予想を下方修正するという動きもありました。また米政府が2011、2012年の経済成長見通しを大幅に下方修正し、失業率が従来予想に比べて悪化する方向に修正したことも相場の重石となっています。

本日午後9時30分に発表される8月の米国雇用統計の事前予想は下記のとおりです。

失業率

予想 9.1%

前回 9.1%

NFP(前月比)

予想 +7万人

前回 +11.7万人

予想を下回る結果となった場合はドル売りに反応することになりますが、ADP、ISM共に事前予想を下回ったため、ある程度ドル下落に対する準備ができているように思われます。 反対に、強い数字が出た場合は市場のサプライズを誘うことになりますが、今週は77円以上の水準における上値の重さが確認されたこともあり、値動きは限定的となるかもしれません。予想数値からかけ離れた結果となった場合、マーケットへのインパクトも大きくなるため、この点を踏まえて臨みたいところです。

※クリックで拡大できます

ドル円の日足チャートを見ると、下値では介入警戒感から下値を試しづらい雰囲気が感じられる一方、77円半ばから78円半ばまではドル売り意欲が強く、明確な方向感が見出しづらい状況となっています。
米国市場が3連休に入るため、引け間際にはポジション調整が入ることも予想されます。 このような相場展開では、リスク管理を徹底するために逆指値を活用したり、利食いの場合は腹八分目で細かく対応することが有効です。

セントラル短資FX株式会社
伊藤 雅博

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)