FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

正式にBRICSメンバーとなった南アフリカ

更新日:2011年5月2日

ウィキぺディアによれば、BRICs (ブリックス) とは、「経済発展が著しいブラジル (Brazil)、ロシア (Russia)、インド (India)、中国 (China) の頭文字を合わせた4ヶ国の総称。投資銀行ゴールドマン・サックスのエコノミストであるジム・オニールによって書かれた2001年11月30日の投資家向けレポート『Building Better Global Economic BRICs』で初めて用いられ、世界中に広まった」とされています。

従来から複数を意味する「s」を南アフリカ(South Africa)とする説もありましたが、先月に中国で行われたこの4ヶ国による3回目の首脳会議 (3年前にスタート) に南アフリカが初参加したことに伴い、グループの正式名称はBRICsからBRICSとなったようです。これには議長国である中国の意思が強く働いたとされています。
すでに数年前から南アフリカに進出をして、銀行買収や中国高速鉄道のプロジェクト参加、金・ダイヤモンド・プラチナなどの資源確保のための大型投資等を行っており、南アフリカの貿易は輸出入とも中国が第一の相手国となっています。今回のBRICS加盟は、G7を対抗意識した中国主導のグループ作りの一環とみられています。

BRICS5ヶ国合計で2009年の統計では、世界人口の42%、世界の土地面積の29%、世界のGDPの16%を占めていて、今後も世界経済への影響力が強まってくるものとみられます。世界銀行の見通しでは2011年のBRICSのGDPシェアは約19%と増加、G7が約51%にシェアが下がるのとは対照的になっています。BRICSが2050年にGDPがG7を上回る可能性があるというのは強ち否定できないところです。

BRICSの項目別世界シェア

(出所:世界銀行)

南アフリカ自体の国勢や経済規模はさほどでもなく、人口・面積・GDP何れも世界20位台に位置していますが、豊富な資源を背景にアフリカ大陸最大の経済力を有しています。G20の中の唯一のアフリカの国であり、世界を牽引する新興国の一つとして存在感が高まっています。

この4月に米国の格付け機関による米国と日本の格下げがみられましたが、これと対照的に南アフリカは今年1月には長期外貨格付け見通しが引き上げられています。格付け会社等の分析を総合すると、失業率は高いままですが、GDPは3〜4%の成長が持続するとみられており、経常赤字も財政赤字もコントロールできるレベルとみられています。
ただ財政赤字の対GDPが40%程度で維持できているものの、ここ数年で急速に拡大している国営企業の債務をカウントすると3年後には60%を超えることが懸念されています。

BRICSの主要経済指標推移

(出所:IMF)

このようにみてきますと、今後の方向性としては、南アフリカがG20かつBRICSメンバーとして国際的な地歩を固めていくこと、ランド金利は堅調推移が続くと予想されることから、ランドの為替相場は底堅い展開から強含みに転じていくものと考えられます。対円では、現在の12円前後の水準から中長期的には15〜16円に上昇する可能性のほうが高いのではないかと予想しています。

ランド円の対円価格推移

※チャートはクリックで拡大できます

セントラル短資FX株式会社
阿草 龍二

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)