FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2011年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

不透明感の増す相場展開

更新日:2011年2月18日

昨年2010年は年初こそ米経済に対する楽観的な見通しに基づきドルを買い戻す動きとなったが、年度明けには米自動車会社の破産法適用についての思惑や米銀行のストレステスト結果に対する悲観的な見方が広がったことで、4月以降は総じてドルを売り込む動きが強まり、ドル円は95円近くから11月には史上最安値である79.75を望む80.32までの下落を見せた。
昨年の前半は欧州経済の景気減速が市場の材料となり、後半にかけては改めて米国景気に関する悲観的な見方を材料してドル安基調が強まった。

さて今年だが、昨年末までのイメージとしては年初ドル安、春先以降はドル堅調とのイメージを持っていたものの、年明け後1カ月が立ち、ドル円では81円〜84円の間で方向感の無い動きを継続している。
一方で年初に12月の安値1.2969を割り込み1.2872まで下落し、下値を模索するかに見えたユーロドルは1月末にかけてユーロ買い戻しが活発化し、1.38台中盤までの反騰、日足での雲上限を越える場面もあったが、これも続かずユーロ売りドル買いの勢いが強まるなど、方向性に気迷い感が漂っている。

ドル円チャート

※チャートはクリックで拡大できます

ファンダメンタル面から見るとエジプトの地政学的リスクを背景に原油価格の上昇、また昨年から引き続いて新興国経済の拡大を背景とした原材料価格の上昇がインフレリスクを昂進させている。また、アイルランドや日本の格付け引き下げや各国財政のひっ迫状況を原因として債券価格について頭の重さが目立っており、長期金利の上昇傾向が多くの国で見られる状況となっている。
ただ、現時点ではそれほど「悪いたち」の長期金利上昇とは捉えられておらず、金利上昇期待の高まる通貨が底堅くなっているものの、各国の景気に対する懸念を払拭しきれない面もあり、相場に方向性がなかなか出ない状態となっているのではないか。
また、ここ数年来、新興国におけるいわゆる「バブルがいつはじけてもおかしくない」との思惑もよく聞かれ、高値掴み、底値売りに委縮する市場参加者が上値追い、下値追いをすることなく、戻りを待ってのエントリーしようとすることが相場の変動率低下に拍車をかけているものと考える。

もっとも、多くの市場参加者は現在の方向感の無い相場を、力を溜めている状態と考えている向きもあり、徐々にポジションを傾け始めているとの噂もよく聞く。

※チャートはクリックで拡大できます

今後の方向性として現時点では今一つはっきりとはしないものの、少なくとも昨年末時点では「年初ドル売り、その後ドル買い」的なイメージを持った市場参加者が多かったようなイメージがあり、この為に相場がスタックしているのではと推測している。あまりに相場観が偏ると反動が大きくなる傾向があり、その意味では今後の展開として限定的であったドル売りの返し、つまりドル買い戻しが今後強まる可能性もあるように思える。

一方できっかけが無い中で相場を大きく動かす要因も無く、ここしばらくは大きな動きになりづらいとの見方もある。とくにドル円に限れば3月の期末を前にして輸出企業のドル売りが85円台より上値を抑える中で、史上最安値や日銀介入を意識したドル買いが81円台前半より下に並んでいるとの噂もあり、どちらかを抜けるまでは仕掛けにくい展開が続くとも言える。
ただし、期末までに勝負をつけたいと考える輸出企業も多く、2月中旬から3月にかけてドルを売り越す向きも増えると思われ、ここで史上最安値を下回る事ができなければ期末明けに素直にドル買い戻しが先行する展開となり易い。
目先の相場展開が見えにくい中で期末明けに向けての準備を進めて行きたいところだ。

【ユーロドル 4時間足】

ユーロドルの4時間足チャート

※チャートはクリックで拡大できます

【ドル円 4時間足】

ドル円の4時間足チャート

※チャートはクリックで拡大できます

セントラル短資FX株式会社
須藤 博史

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)