FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

新値更新の可能性

更新日:2010年10月25日

先週末は韓国においてG20が開催され、財政問題で苦しむ中で景気浮揚策が限定的となり貿易赤字拡大阻止の為に自国通貨安を誘導したい先進国と介入などを通じて自国通貨高を防止しようとする新興国との間で綱引きが行われた。
米国を中心とした先進国は韓国、ブラジルを中心とした新興国の介入での自国通貨高防止について一定の理解を示しながらも、中国に対しては強い態度で柔軟な為替相場を求めて圧力をかけている。しかし、結果として声明の中で「競争的な通貨切り下げを回避する」とし、世界的な貿易不均衡是正について合意したものの、内容については市場の予想の範囲内に終わっている。
今後、改めて世界的な貿易不均衡を防止するための指針を作成していくことに一致はしたものの、今後の展開には未だ不透明感が多く、不均衡是正の結果としての主要通貨に対するドル買戻しに至るまでには少し時間が掛かりそうだ。
ただし、市場は当初よりG20における通貨安競争是正に対してなんら期待感を持っていないと思え、ドル円については先週のガイトナー米財務長官による「主要通貨は (ドルに対して) ほぼ整合的な水準である。」としてこれ以上のドル安を望まないとの発言により、ドル円は一時81円台後半まで上昇したものの、結局は金曜日には81円台前半まで押し戻された形で終了しており、市場のG20での通貨安競争阻止に対する期待が殆ど無いことが伺われる。

ドル円のチャートを見ると4時間足で久しぶりに雲の中に入り始めており、相場が陽転する可能性も出始めている。
市場の期待はあくまでも1995年4月19日につけた史上最高値79.75の更新にあると思われるが、短期的には売り疲れ感も出ており、ドルの買い戻しについて可能性をそろそろ検討する時期に来ているのかもしれない。
先週のガイトナー発言でのドル買い戻しも限定的であったが、市場はG20においてなんら有効な声明が出ないことを織り込んでおり、投機的なポジションとしてのドルショートは維持しやすい状態と言えた。
しかし、G20の結果が市場の予想通りとなったことにより、短期的には材料出尽くし感によるドル買戻しの可能性もあるように見える。ここ数ヶ月、介入以外での戻りの鈍い状態が続く中、新値まで100ポイント少しを残して反転するのには違和感があることも確かであるが目先は日銀押し上げ介入による高値である85.92と今回の安値80.84の38.2%戻しのレベルである82.80近辺までのショートカバーは期待できるように見える。

一方で、中期的には依然として史上最高値を更新する可能性がなくなったわけではなく、ショートカバーさえ一巡すれば改めてドルを売り込む動きが強まる可能性がある。先進国における金融は依然として緩和的な姿勢が維持されており、市中にあふれた資金が景気先行きに不安のある先進国には滞留せず、新興国に流れ込むことによって、ドルを売り込む動きが強まる構図に大きな変化は見られない。
本邦においてもゼロ金利プラスアルファの緩和姿勢を維持しており、金利面から見ると円安が進んでもおかしくはないものの、従来の円低金利で出ていた資金が還流しているのかもしれない。その意味では未だ米国における緩和的な金融政策について転換の予兆はなく、当面はドルに対する売りは継続する可能性が高く見える。年末に向けてポジション調整のドル買戻し局面が見られる可能性は高いものの、年明け以降についても米国景気回復による金融引締め局面に至るまではドル円で100円を越えるステージは難しそうだ。

【ドル円 4時間足チャート】ドル円 4時間足チャート

※チャートはクリックで拡大できます

【ドル円 日足チャート】ドル円 日足チャート

※チャートはクリックで拡大できます

セントラル短資FX株式会社
須藤 博史

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)