FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

オーダーの集まりやすい水準

更新日:2010年7月16日

過去のセミナーにおいて、お取引をされる際には「ポジションを取る水準」と「相場が逆にいってしまった場合の逆指値を置く水準」をあらかじめ決めておきましょう、というお話を何度かさせていただきました。
流れに乗って「買い」から入り、細かいプロフィットを得ようとしたものの、相場が反転してしまい、その何倍も損してしまったという経験をお持ちの方も少なくないと思います。

先日 外国為替取引初心者の方から、ポジションを取る水準や意に反してアゲインストにいってしまった場合のストップロス (逆指値) をどのように考えたら良いでしょうか、というご質問を頂戴しましたので、今回はひとつの例をご紹介したいと思います

値ごろ感に基づいてポジションを取る方も多いと思いますが、一般的に「オーダー (指値) 」の集まりやすい水準をチャートの中から見つけだすことが重要だと云われています。

例えば下記「豪ドル円」の日足チャートをご覧ください。
黄色の丸い枠の中を見ると、一目均衡表雲下限での攻防が繰り広げられており、3日間は抵抗線として押し戻されたものの、雲下限を上抜けたあとは、逆指値の豪ドル買いが進んで78円85銭付近まで上昇幅を伸ばしたことがお分かり頂けると思います。
つまり先週8日 (木) から12日 (月) までの段階では、豪ドル買い持ちの方は77円半ば付近で一旦利食い売りを検討し、豪ドル売りを持っている方は雲上限を抜けたら買い戻す逆指値を入れる可能性が高いと読み取れます。雲下限を上抜けたら、新規で買いを仕込む動きも考えられますが、注意すべきは80.00円の水準です。雲上限がしっかりと平行して推移することとなり、さらに4月30日高値 (88.08) から5月21日安値 (71.88) までの半値戻しと重なります。
この非常に強い抵抗線が意識されたのか、積極的に上値を追う展開には至らず、昨日は改めて雲下限を下回ってしまいました。仮に80円ちょうど付近まで上昇した場合には、今回の77円半ば以上のオーダーが集まってくるため、「押し下げる力」と「突き抜けた際のエネルギー」はより大きいものとなることが予想されます。

豪ドル円 日足チャート

※チャートはクリックで拡大できます

まずお取引を始める前に、各通貨ペアのチャートをご確認いただくだけで、安易な取引による損失は防止できるかもしれません。また逆指値の水準を決めたあと、相場の入りどころを資金余力と併せてご検討いただくのも良いかもしれません。

あくまでお取引の一例をご紹介させていただきましたが、皆さまそれぞれの「取引ルール」を持って相場に臨むことをお勧めいたします。

さて、当社では8月1日から施行される改正内閣府令への対応として、7月26日より、お取引のルールが一部変更となります。下記3点に関しましては、特にご注意ください。

1.強制ロスカットの水準変更

7月23日までは、口座清算価値が必要証拠金の50%を下回った際に発動されますが、7月26日からは口座清算価値が必要証拠金を下回った際に発動されることになります。

2.両建て取引における証拠金の算出方法変更

7月23日までは、当社では売買ネットポジションに対して必要証拠金を算出しており、同一通貨ペアにおける売り・買いが同数の場合は必要証拠金をゼロと表示しています。7月26日以降は、両建てのポジションを保持していた場合、売り・買いの大きいポジションに対して証拠金が必要となります。
証拠金不足により、強制ロスカットが発動される可能性もありますので、お取引口座におけるご資金の管理に十分ご注意ください。

3.決済方式の統一

お客さまには、これまでポジションの決済方式を1.FIFO (自動組合せ) と2.新規・決済 (お客さまの指示による組合せ) からご選択いただいておりましたが、7月26日以降は「新規・決済方式 (お客さまの指示による組合せ) 」のみとなります。
これまでFIFO (日計り優先のファーストイン・ファーストアウト) をご利用されていた方は、自動的に決済されず、それぞれのポジションがロールされていくこととなりますので、ご注意ください。

新しい取引ルールの詳細はこちら

新ルールは7月26日のお取引開始時に変更となりますので、本ルール適用により証拠金不足が想定される方は7月23日までにご対応いただく必要がございます。

ご不明な点がありましたら、お気軽にカスタマーデスクまでお問い合わせください。

■セントラル短資FX カスタマーデスク

セントラル短資FX カスタマーデスクは0120-30-8806です。もし上記の番号がご利用いただけない場合は03-6833-0250です。

受付時間 月曜午前7時〜土曜午前7時平日24時間)
メールアドレス:support@central-tanshifx.com

セントラル短資FX株式会社
伊藤 雅博

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)