FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2010年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

見直されるのか、NZドル!!

更新日:2010年6月11日

ニュージーランド (NZ) 準備銀行 (中央銀行) は10日、3年ぶりの利上げを実施した。同中銀は、政策金利であるオフィシャル・キャッシュ・レートを過去最低の2.5%から、2.75%に引き上げた。オーストラリア、カナダに続き、ニュージーランドも超低金利状態からの出口政策へと踏み出した。

ボラード総裁は政策決定会合後の声明で、「基調のインフレ圧力は高まると予想される」とした上で、「現在の政策金利の低水準を考慮すれば、刺激策を徐々に解除するのが適切だ」と説明し、段階的な利上げを示唆している。

他に声明文では、

経済成長は広範に亘り始めている。
徐々に刺激策を解除していく事は適切。
貿易相手国の景気回復は続いている。特にアジアの成長が強い。
2011年Q2の消費者物価指数は、5.3%と予想。
NZの輸出・商品価格は急激に上昇。
経済成長は輸出価格の上昇が牽引。
基礎インフレはターゲット内で推移。経済状況に沿い刺激策を更に解除へ。
政策金利は、以前ほどの引き上げ幅は必要ないだろう。

ここで注目されるのは「2011年Q2の消費者物価指数は、5.3%と予想。」と非常に高いインフレを一年後に予想している。これは、2010年10月1日より日本の消費税にあたる、GST (Good&Service Tax) を12.5%から15%に引き上げる影響を考慮している。RBNでは、この影響を除外しても2011年Q2の消費者物価指数について2.6%を予想している。

昨年末以来、オーストラリアが段階的に利上げを実施していた中、ニュージーランドは据え置きであったが、ここにきてようやく段階的な利上げ局面に入ってきているようである。NZドル/ドル、NZドル/円の現在のレベルから考えると上昇の余地もあるのではないかと考える。

*データ等の出所:
Reserve Bank of New Zealand:Monetary Policy Statement June,2010

※チャートはクリックで拡大できます

※チャートはクリックで拡大できます

セントラル短資FX株式会社
牧野 伸康

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録

セントラル短資FXで取引をはじめる 当社でお取引をご検討の方

無料セミナ―を受講する

セントラル短資FXが提供する無料セミナー

「マーケットビュー」執筆陣も出演中。外貨投資の基本からFXのトレードテクニックまで各種セミナーを開催しています。

取引をはじめる

オンラインでスピード口座開設 最短翌営業日で開設

口座開設

!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)