FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2009年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

東京外国為替市場の取引高調査について

更新日:2009年7月31日

今週、日本銀行や民間金融機関などで構成されている東京外国為替市場委員会は、2009年4月の東京外国為替市場の取引高調査結果を発表しました。

それによりますと、今年4月の取引高(外国為替取引を行なう21の国内金融機関および在日外国金融機関の取引データを日本銀行が集計)は一日平均2,542億ドルと前年同月と比べて16%減少しています。取引量が減少するのは2006年の調査開始(毎年4月に実施)以来初めてとのことです。以下詳しく見てみます。

(1)取引の種類別に見た1営業日あたりの平均取引量は、以下のとおりです。
 スポット取引:702億米ドル(前年同月比33.3%減)
 スワップ取引:1,589億米ドル(同0.5%減)
 フォワード取引:192億米ドル(同32.4%減)
 通貨オプション(店頭):58億米ドル(同35.8%減)
 合計:2,542億米ドル(同16.0%減)

(2)取引の相手別に見た1営業日あたりの平均取引量は、以下となっています。
対インターバンク取引(金融機関相手):2,057億米ドル(前年同月比13.6%減)
 【うちスポット取引は511億米ドルで35.3%減】
対顧客取引(インターバンク取引以外):485億米ドル(同24.7%減)
 【うちスポット取引は191億米ドルで27.2%減】

(3)ところで、外為証拠金取引(店頭)の今年4月の取引量はどうだったでしょうか。
当社も会員となっている金融先物取引業協会の公表数字をもとに当社で計算しますと、1営業日あたりの取引量は、約802億米ドルとなっています。外為証拠金取引はスポット取引にあたりますので、上記統計と対当する数字はスポット取引の702億米ドルということになります。これは、外為証拠金の取引量は東京外国為替市場のスポット取引量(集計対象の21金融機関のみの統計ですが、全体の取引量の大半をカバーしていると思われます)よりも大きいことを意味しています。

なお、外為証拠金取引の昨年4月の月間取引量は公表されていませんが、昨年4〜6月の3か月の取引量と本年4〜6月の3か月取引量を比較しますと、約1.75倍となっています。東京外国為替市場の4月の取引高が前年同月比約3割減少しているのと比べますと際立って対照的な動きとなっていることがわかります。

(4)次に通貨別の動向はどうだったのでしょうか。(1営業日平均取引高)
 米ドル円取引のうちスポット取引:384億米ドル(前年同月比30.2%減)
 ユーロ円取引のうちスポット取引:81億米ドル(同11.9%減)
 ユーロ/米ドル取引のうちスポット取引:95億米ドル(同29.7%減)
 英ポンド/米ドル取引のうちスポット取引:18億米ドル(同55.1%減)
 豪ドル/米ドル取引のうちスポット取引:23億米ドル(同18.2%減)
 南アフリカランド取引のうちスポット取引:3.8億米ドル

対する外為証拠金取引では
 米ドル円取引:429億米ドル
 ユーロ円取引:157億米ドル
 ユーロ/米ドル取引:44億米ドル
 英ポンド/米ドル取引:5億米ドル
 豪ドル/米ドル取引:1億米ドル
 南アフリカランド/円取引:0.5億米ドル

ということで、米ドル円やユーロ円取引等は外為証拠金取引の方が取引量は大きくなっている状況です。東京外国為替市場の担い手である主要な金融機関にとっては、外国証拠金取引の動向は極めて重要であるということでしょうか。

セントラル短資FX株式会社
阿草 龍二

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前08:00〜午後07:00(平日)