FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2009年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

ポジションの傾きから相場を探る

更新日:2009年6月19日

IMM通貨先物

ポジション(建玉)の需給バランスが、相場変動に大きく影響を及ぼす外国為替市場において、インターバンク(銀行間取引)市場参加者は、シカゴIMM通貨先物のポジション動向を参考にして市場予測を行なうことがあります。週に一度 米国の商品先物取引委員会(CFTC)から公表されるこのデータは、取引所に参加している金融機関やヘッジファンドを始めとする機関投資家が、それぞれどの通貨を買い、売り持ちにしているか、を示しています。ひとつの大きな変動要因となり得る報道によって、相場が動くと思いきや、すでにマーケットは織り込み済みとして、反対の方向へ動いてしまった、という経験をされた方も少なくないと思います。これはマーケットのポジションバランスが、一方に偏っている状態の中、思うように相場が動かず、短期投機筋から、ポジションを手仕舞う動きが持ち込まれることによって起こる現象のひとつといえます。

さて、そのIMM通貨先物の建玉推移を元に、最近の相場変動を追い、さらに今後の方向性を探ってみようと思います。先週末のG8財務相会合にて、先行きは不確実性が高いながらも世界経済は安定化を示す兆候がある、と共同声明で示されたように、停滞していたリスクマネーも徐々に動き出していることがIMMポジションから窺えます。商品価格や株価の上昇とともに代表的な資源国通貨である豪ドル、カナダドルは昨年のリーマンショック以来最大の買い持ちポジションが積み上がっており、その動きは素直に為替相場に反映されています。また円ポジションに関しても、「円ロング」(買い持ち)が4週続けて拡大した後、5月8日以来「円ショート」(売り持ち)に傾いています。ポジションの傾きが急速に反転したと云えますが、これはドル円相場が93円台後半から急激に値を上げてきた動きと合致しています。

5月末に大型の新規外貨建て投信が設定され、外貨買い/円売りが持ち込まれると、マーケットもやや外貨買いに安心感が広がったため、ポジションが大きく「円売り」傾き、一連のイベントを消化した後、現在はその調整による巻き戻しが入っているように見えます。
5月は世界のヘッジファンドの流入額が10か月ぶりに解約資金を上回ったとも報じられており、景気底打ちの気配は、このような動きからも感じ取ることができますが、やや投機的な動きが中心となるため、逃げ足も速く、中長期で相場を捉えることはできません。
短期投機筋はマーケットの変化に対して敏感に反応し、「ポジションの巻き戻し」とさらに「新たなポジションの積み上げ」を行なうことから、このような荒い相場展開に繋がっていくわけです。

外国為替市場は時に、行き過ぎる面もあり、その調整は値幅や時間によって行なわれますが、ある材料をきっかけに、劇的にポジションの傾きが変化することがありますので、ネットポジションの傾き具合には十分注意しておきたいところです。
なおCFTCから公表されるこれらのデータは、火曜日時点のポジションが金曜日にリリースされるため、そのデータ自体が、リアルタイムのものではないことに、ご注意頂きたいと思います。

セントラル短資FX株式会社
伊藤 雅博

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)