FXなら安心と信頼のFX|セントラル短資FX

  • 法人のお客さま
  • サイトマップ
  • よくあるご質問
  • お問い合わせ
  • 推奨環境
  1. セントラル短資FX
  2. マーケット情報
  3. マーケットビュー
  4. 2009年バックナンバー
  5. 外為コーヒーブレイク

マーケットビュー

金曜 外為コーヒーブレイク 英国現地レポと当社社員による週末コラム

今の注目通貨ペア

更新日:2009年5月8日

こんにちは、セントラル短資FXの永倉です。

投資の世界に携わって以来、初めてゴールデンウィークにお休みさせてもらいました。5/5だけでしたけど……。でも、十分にリフレッシュしました。そのこどもの日には、菖蒲湯につかりながら、「勝負」と「尚武」を祈願しました。

さて、本日5/8は、「米国雇用統計」の発表があります。通常その月の第一金曜日に行なわれるのですが、それが1日の場合、次の週に移動する場合があり、今月はそれが適用されたそうです。

その雇用統計。予想は失業率8.9%非農業部門雇用者変化が−61万人。予想通りとなるか、この数字を大きく、そしてどちらの方向にブレるのかが最大の焦点となります。ただし「新規失業保険申請件数」や「ストレステスト」の結果など、経済動向については若干改善をみている向きも多いので、もしも数字が悪化している場合には大きく動きそうです。

下のグラフは過去43年間の失業率の推移です。1982年には10%を超えていた時もありました。このときも、自動車産業が下降気味でしかも日本からの輸入車がアメリカでバンバン売れ出して、「ジャパンバッシング」も盛んな時代でした。今回はどうなるのでしょうか……。

それではチャートを、見ることにします。「ドル円」の日足を見ると、5/7に上ヒゲの長いローソク足が出ています。100円台の頭の重さ(売り注文が多いこと)を確認した上で、値を99円台前半に戻しています。今年1/21の最安値87.06から力強く上昇していますが、ここのところ1ドル=100円のポイントで跳ね返されています。大きな上昇トレンドの形成については、101.50をブレイクすることが必須条件でありますが、その前の100円を抜けるのが難しそうです。

100円を抜けるポイントとしては、4/6の101.43から4/28の95.61の三分の二戻しのポイント99.50をどう抜けるかというところになるでしょうが、今日の雇用統計で加速度をもって上抜けると、面白い展開になりそうです。

※チャートはクリックで拡大できます

もうひとつ注目している通貨があります。それは、「ランド円」。ドル円が円安方向に進むと同時に、12.20そして12.60をターゲットに進みそうです。12.20と12.60の根拠?『ハイパーチャート』の「ランド円日足1年」でテクニカル分析の戻り値推定をチェックして見てみましょう。

※チャートはクリックで拡大できます

永倉流チャートの使い方になりますが、新チャート「タクティコチャート」を使ってオンラインセミナーを5/13に実施します。ぜひ参加してくださいね。
>>>参加申し込みはこちらから

セントラル短資FX株式会社
永倉 弘昭

メルマガ無料配信中!

メルマガの配信をご希望の方は右のボタンより登録ページへお進みください。

マーケットビュー メルマガ登録
!
  • ※当社による情報サービスは、お客さまの投資判断に当たって参考となる情報の提供を唯一の目的としており、断定的な判断の提供や特定の金融商品の売買等の勧誘を目的としたものではありません。
    当社および情報提供者は、情報の正確性、完全性、適時性等を保証するものでは一切なく、情報の内容を予告なく変更する場合があります。また、当該情報の利用によって生じたいかなる損害についても、一切責任を負うものではありません。投資の最終判断は、お客さま自身で行ってくださいますようお願いします。
    当社が提供する情報の著作権は、セントラル短資FX株式会社または情報提供者に帰属します。当社の事前の承諾なく情報の全部または一部を引用、複製、転送などにより利用することを禁じます。
マイページログイン
口座開設
わからないことは
0120-30-8806 携帯電話・PHSからもご利用いただけます。
ご利用いただけない場合 03-6833-0250

受付時間:午前07:00〜午後09:00(平日)
※口座開設をご検討中のお客さまは
午前08:00〜午後07:00(平日)